卒業生のWork&Life

本学の卒業生たちは、社会に出たあとも、
さまざまな分野で活躍しています!
「どんな仕事」に就いているか、兵庫大学に入学して
「一番良かったこと」や、
ここで学んだことが今の仕事に
「どう活かされているか」、先輩たちの生の声を紹介します。
先輩たちの活躍ぶりと、あなたの将来の姿を
ぜひ重ねてみてください。

私が管理栄養士を目指したのは「食」に対する興味です。

神戸徳洲会病院 勤務

杉山 太一さん
栄養マネジメント学科(2017年度卒業)
兵庫県立高砂高等学校出身

現在の職場・職種を志望された動機や理由を教えてください。

私が管理栄養士を目指したのは「食」に対する興味です。病気でありながらも食べることをとても楽しんでいる方が身近にいたことがきっかけでした。そういう方を目の当たりにする環境にいたこともあり、自然と栄養や健康、医療に興味を持つようになりました。その中で、栄養面から、人をサポートする仕事に就きたいと思い、管理栄養士の道を選びました。
病院に来院する方は身体的、精神的に不安を抱えています。制限のある中でも「食」を楽しんでいただきたい、そう思ったのが病院に就職を決めた理由です。

現職での仕事内容を具体的に教えてください。

現在は、総合病院に勤務し、主に心臓血管外科を担当しています。毎朝のカンファレンスでは、術前術後の患者様の現状や、今後の方向性を話し合い、必要な栄養量を摂取できるよう管理をするなど、栄養面で患者様をサポートしています。入院している患者様はもちろんのこと、外来の患者様にも、栄養相談を通して、栄養指導を行っています。
日々の献立を考えるのも管理栄養士の仕事の1つであり、患者様一人ひとりに合わせたメニューを考え、提供しています。

お仕事のやりがいや、普段どのような気持ちで働かれているかを教えてください。

患者様と実際にお話しする中で、「いつもありがとう」と感謝の言葉をかけてくださることが多いです。その時に、管理栄養士のやりがいを実感し、それらが日々の仕事のモチベーションに繋がっています。
管理栄養士としての知識はもちろん重要だと考えていますが、必要栄養量を算出できても、普通に食べるだけでは意味がありません。まずは、人と人として、患者様とのコミュニケーションを大切にし、患者様の気持ちを汲み取り、少しでも食べることを楽しみにしてもらえるような環境を作ることを心掛けています。

学生時代に得た知識や経験が、現在どのように活かされているかを教えてください。

学生時代に得た知識のほとんどが広く浅く、そのまま全てが現場で通用するものではないと、社会人1年目に実感しました。学生時代とは違い、社会人になると求められることも多く、授業や学外実習などで学んだことは、ほんの一部に過ぎません。
ただ、実際の現場で得る知識は、学生時代に得た知識と必ず関連性はあるため、すんなりと頭に入ってきます。学生時代に土台となる基礎をしっかりと習得できたため、現在も、新しい知識を習得し続けられていると思います。

学生時代で1番印象に残っている事(授業、実習、課外活動等)を教えてください。

病院実習がとても印象に残っています。教科書だけでは学び得ないことをたくさん経験しました。臨床現場では、カンファレンスや病棟訪問を行い、また食事の献立の考え方なども学びました。実習中は、患者様と接する機会も多くあり、コミュニケーションの取り方も身に付いたように感じます。実習中に、現場の管理栄養士が働いている姿を見て、私も病院で働きたいと強く感じたことは、今でも覚えています。

兵庫大学・兵庫大学短期大学部の魅力を教えてください。

チューター制度(少人数教育)があることが魅力だと思います。学生時代は、学生生活や勉強、就職活動の不安などが常に頭の中にあります。そんな中、家族や友達にも話せないような内容も気軽に相談できる先生が身近にいることがとても救いになります。
実際、私も何度も先生の研究室に足を運び、不安に思っていることや悩みを打ち明けていました。病院の管理栄養士になると決めた時も先生に目標宣言しに行ったのを今でも覚えています。どんな内容でも、真剣に向き合って相談に乗ってくれた先生には、とても感謝しています。

今後の目標や夢を教えてください。

臨床現場における管理栄養士として、まだまだ経験も浅く、未熟だと感じさせられる毎日ですが、初心を忘れず、たくさんの知識を身につけていきたいと考えています。また、仕事では、苦手な分野も多くあります。もっと患者様のためにやってみたいと思うことと、必ずやらなければならないことの判断がしっかりできる人間になりたいです。
患者様一人ひとりに寄り添い、信頼してもらえる管理栄養士を目指します。

患者様のサポートは、多職種の連携が必要になってきます。決して一人では行えることではないと日々実感しています。患者様のことで困ったときには上司や先輩にすぐに相談できる環境にあります。職場のみなさんに「ありがとう」と伝えたいです。
栄養相談で患者様と実際にお話しする機会が多く、「ありがとう」と感謝の言葉をかけてくださることがあります。その時に、管理栄養士のやりがいを実感します。