卒業生のWork&Life

本学の卒業生たちは、社会に出たあとも、
さまざまな分野で活躍しています!
「どんな仕事」に就いているか、兵庫大学に入学して
「一番良かったこと」や、
ここで学んだことが今の仕事に
「どう活かされているか」、先輩たちの生の声を紹介します。
先輩たちの活躍ぶりと、あなたの将来の姿を
ぜひ重ねてみてください。

やりがいを実感するのは、生徒が心を開いてくれた時です。

西宮市立上甲子園中学校 勤務

中井 創一さん
健康システム学科(2018年度卒業)
兵庫県立三木高等学校出身

現在の職場・職種を志望された動機や理由を教えてください。

幼い頃からスポーツに関わる仕事に就くことを目指し、スイミングコーチの経験など、日常的にスポーツに関わってきました。大学に入ってから、教育実習を通して、教えることの楽しさや、自分が指導した後に、できなかったことができるようになった生徒を見た時の喜びを実感し、更に教師になるという夢が大きくなりました。

現職での仕事内容を具体的に教えてください。

保健体育の授業を担当しています。1学期は、集団行動や器械運動、水泳を主に指導してきました。2学期に入ると、体育大会に向けての練習が本格的に始まり、2年生の生徒約100名に対して、全体的な指導を担当しました。また、ソフトボール部の顧問も任されており、放課後練習をはじめとし、練習試合や公式戦の引率を行っています。
体育科の研修や初任者研修にも参加しており、社会人になってからも、教師としての学ぶ場が多くあり、日々勉強の毎日です。

お仕事のやりがいや、普段どのような気持ちで働かれているかを教えてください。

楽しそうに授業を受けてくれている生徒の姿や、できなかったことができるようになり喜んでいる生徒の笑顔を見ると、1番身近なところで生徒の気持ちを感じることができるので、とても嬉しくなります。
やりがいを実感するのは、生徒が心を開いてくれた時です。普段から、身近なところで生徒と関わっているため、常にアンテナを張りめぐらせながら、相手の気持ちになって物事を考えられるように努力しています。

学生時代に得た知識や経験が、現在どのように活かされているかを教えてください。

大学時代には、授業内や部活動、ボランティア活動などで様々なスポーツを経験しました。自身がスポーツに関わることによって、体の動かし方や、どのように指導すれば相手に伝わるかなどを常に考えさせられていました。
現在では、その時に培った、指導方法や指導相手とのコミュニケーションが活かされているように感じます。

学生時代で1番印象に残っている事(授業、実習、課外活動等)を教えてください。

道徳の授業が印象に残っています。自分で指導案を作成し、50分の授業を実践するといった経験をしました。道徳という授業には、正解がなく、自分が小学校や中学校の時にも、何となく授業を受けていたという印象が残っていました。
その授業を実際に実践することになり、道徳を教える難しさを実感しました。やりきった時には、達成感が得られたことを今でも鮮明に覚えています。

兵庫大学・兵庫大学短期大学部の魅力を教えてください。

同じ職業を目指す仲間が多く、意欲を高め合うことができます。他学科でも、専門職を目指す学生が多かったので、良い刺激になっていました。
学部や学科の学生数が少ないので、深い関係性を築くことができるのが魅力だと思います。教員採用試験の勉強や実技の練習では、同じように頑張る仲間がいたから、乗り越えられたことも沢山あります。私にとって、大学時代に共に切磋琢磨した友人たちは、一生の宝物であると言えます。

今後の目標や夢を教えてください。

自分の指導に自信を持つことができるようになりたいと思っています。体育教師になって、まだまだ経験が浅いため、自分で知識や経験を深めていくことはもちろんのことですが、周りにいる先輩教師の方々から、沢山の知識や、教師としての立ち振る舞いなどを吸収していきたいです。
体育教師として、1日でも早く、一人前と呼ばれるように、日々精進していきます。

日々、生徒や先生方、また他校の先生方と関わる中で、「ありがとう」と言っていただけることは多くあります。
今後、卒業した生徒が数年後に母校に帰ってきてくれた時、「あの時の経験がとても役立っている。先生ありがとう。」と言われるような教師になることも、また1つの目標です。この先、様々な経験を重ねていく中で、自分も周りの環境に感謝しながら、教師という職業に邁進してきたいです。