卒業生のWork&Life

本学の卒業生たちは、社会に出たあとも、
さまざまな分野で活躍しています!
「どんな仕事」に就いているか、兵庫大学に入学して
「一番良かったこと」や、
ここで学んだことが今の仕事に
「どう活かされているか」、先輩たちの生の声を紹介します。
先輩たちの活躍ぶりと、あなたの将来の姿を
ぜひ重ねてみてください。

利用者さんの新たな一面を知ることで、次の支援に繋がる点にやりがいを感じています。

社会福祉法人あかりの家 障害者支援施設あかりの家 勤務

塩野 百花さん
社会福祉学科(2018年度卒業)
姫路市立飾磨高等学校出身

現在の職場・職種を志望された動機や理由を教えてください。

現職に就いた理由は、大学時代に福祉の専門を学んでいる中で、障害を持っている方がどのように生活をしているのか、そして福祉の専門家として何ができるのかを追究するようになり、生活していく上でのサポートがしたいと思ったことがきっかけです。
また、通所施設ではなく、入所施設を選んだのは、厳しい環境に身を置いて色々なことを吸収する必要があると感じたからです。

現職での仕事内容を具体的に教えてください。

自閉症で知的に重度の利用者さんが行っている生産的作業の確認や、食事、入浴、余暇など、生活全般における支援を行っています。
利用者さんによって支援の程度は変わってくるので、臨機応変に対応ができるよう、常に状況を把握することを心掛けながら、サポートにあたっています。

お仕事のやりがいや、普段どのような気持ちで働かれているかを教えてください。

日々の生活の中で、利用者さんの新たな一面を知ることで、次の支援に繋がる点にやりがいを感じています。そういった新たな一面を知るために、細かな部分まで関わっていったり、時には、少し距離を取りながら、利用者さんの様子を見るだけのこともあったりと、関わり方を変える工夫をして、自分なりに考えながら働いています。また、先輩方からは日々の支援のなかで、利用者の変化をみる視点を教わっています。利用者の言動ひとつをとっても、支援に繋がるヒントであることを、先輩方から学んでいます。先輩方の視点を自分のなかに吸収していくことで、さらに支援の精度を上げられるようにと思っています。

学生時代に得た知識や経験が、現在どのように活かされているかを教えてください。

正直なところ、講義で学んだことが、現在の支援業務に直結することは少ないです。授業内での実践演習や、学外での実習、これらの経験が現在の業務に活かされていると実感しています。
実践をとおして、振り返りをしたり、利用者への向き合い方、物事を多角的に捉えることの重要性を学びました。それらを支援業務の中で活かせるように、日々、心掛けています。

学生時代で1番印象に残っている事(授業、実習、課外活動等)を教えてください。

1番印象に残っているのは、熊本地震被災地支援・復興支援のボランティア活動です。被災地である西原村の介護事務所や保育施設で支援活動を行いました。
ボランティア活動を通して、一人ひとりが自分の行動に責任を持っていれば、学生でも役に立てることは必ずあることを実感しました。また、地元の方との交流の中で、相手が何を求めているのかを深く考えることが1番重要であることを学びました。

兵庫大学・兵庫大学短期大学部の魅力を教えてください。

先生との距離が近いところが魅力だと思います。学習面や生活面、いつでも相談しやすい環境にありました。先生方は親身になって話を聞いてくださり、不安に思っていることを何でも打ち明けられ、安心して大学生活を過ごすことができていました。
4年生になって、国家試験の勉強が本格的に始まった際には、よく相談に乗っていただいていたのを覚えています。

今後の目標や夢を教えてください。

利用者さんの小さな変化も見逃さないよう、常にアンテナを張りめぐらせることのできる支援員になりたいです。

利用者さんの中には、発言のない方も多いので、本人たちの口から直接的に感謝の言葉をいただくことはありませんが、その方たちとの関わりを大切にすることで、ご家族の方から「理解しようとしてくださってありがとうございます。」と、感謝の言葉をいただいた経験があります。
その時に、改めて、人をサポートするということのやりがいを感じ、また、それが自身の仕事に対する原動力となっています。