卒業生のWork&Life

本学の卒業生たちは、社会に出たあとも、
さまざまな分野で活躍しています!
「どんな仕事」に就いているか、兵庫大学に入学して
「一番良かったこと」や、
ここで学んだことが今の仕事に
「どう活かされているか」、先輩たちの生の声を紹介します。
先輩たちの活躍ぶりと、あなたの将来の姿を
ぜひ重ねてみてください。

子どもたちが学んだ言葉を発している様子を見ることで、とても成長を感じています。

尼崎市立保育所 勤務

N.Kさん
保育科第三部(2017年度卒業)
兵庫県立明石清水高等学校出身

現職での仕事内容を具体的に教えてください。

現在は、担当している1歳児クラスで食事や着脱などの身の回りの補助をしています。また、園庭では、遊具を使ってのびのびと遊び、教室内では、手遊びや絵本の読み聞かせなどをしています。1歳児なので、1つ1つの行動に時間がかかることもありますし、全員が同じようにできることも少ないですが、昨日できなかったことが今日できるようになっているなど、1日1日の成長が目に見えて分かるのがとても嬉しいです。心身共に成長できる遊びをクラス担任の先生方と相談しながら保育に励む毎日です。

お仕事のやりがいや、普段どのような気持ちで働かれているかを教えてください。

手遊びや絵本の読聞かせ、日常会話を通すうち、家庭での生活ももちろんですが、子どもたちが学んだ言葉を発している様子を見ることで、とても成長を感じています。色々と悩みながら考えた保育内容や子どもたちへの接し方などが、子どもたちの成長に繋がっていると実感できたときに、やりがいを感じることができます。
普段の保育では、子どもたちの考えや気持ちを受け止め、一人ひとりに寄り添えるように心掛けています。

学生時代で1番印象に残っている事(授業、実習、課外活動等)を教えてください。

学生時代の学びの中で、「保健」の授業が印象に残っています。現場では、子どもたちの健康の変化に留意することが大切なため、保健の知識が活かされる場面が多く、保育科での学びは本当に重要であったと改めて実感する毎日です。
また、学生時代にボランティア活動をする機会が多くあり、中でも、熊本復興ボランティアでの経験は、今でも強く心に残っています。村立の保育所で、0歳児の子どもを1対1で担当し、保育実習では学ぶことのできない経験をたくさんしました。

今後の目標や夢を教えてください。

保育者になった今でも、様々な研修に参加しています。社会人になってからも、そういった機会があることにとても感謝しています。研修では、保育について考えさせられることが多くあり、また、他の園の先生方と情報交換ができることが自身の学びに繋がっています。
これからも、子どもたち自らが考える力を身につけ、そして発してもらうことを大切にし、子どもたちの気持ちを受け止め、共感し合えるような保育者を目指していきます。

社会人になって一人暮らしを始めたため、母親のありがたみを改めて実感することができました。今までは、当たり前のように母親がしてくれていたことを、今では自分で全てするようになり、母親の偉大さに気づかされました。感謝の気持ちを伝えたいです。
現場では、保護者の方と話をする機会も多いです。「先生いつもありがとうございます」と声をかけてくださる保護者の方も多く、それが私の原動力にもなります。