English

兵庫大学 兵庫大学短期大学部

4年間の流れ

4年間の流れ

現場の経験を聞くことで、夢が具体的になりました。

学科には「解剖学」など、身体の部位や仕組みについて詳しく学ぶ授業があり、覚えることが多くて大変です。しかし、実際に現場で働かれていた先生方からお話を聞く機会がたくさんあり、養護教諭の仕事内容ややりがいが具体的にイメージできて、勉強への意欲が高まります。

M.K.さん/鳥取県立倉吉東高等学校出身

実践を交えながら、学びを深められています。

2年次になると、運動による身体への詳しい影響や、その仕組みについてなど、専門的な授業が増えていきます。また授業だけでなく、先生方に子どもたちの運動指導のボランティアを紹介していただくなど、学外で実践的に学ぶ機会も多く、知識と経験の両方から学びを深められます。

Y.N.さん//鳥取県立鳥取東高等学校出身

貴重な機会を通じて、指導者としての実力を高めています。

「運動処方演習」では地域の方を対象に、一人ひとりにあったダイエットや運動不足解消のための運動プログラムを考えて指導します。実際に一般の方に運動指導できるため、将来、指導者をめざしている自分にとって、実力を身につけるまたとない機会となっています。

H.K.さん/兵庫県立姫路商業高等学校出身

4年間の学びが活きる、実習ができました。

卒業研究や養護教諭の教育実習など、忙しい一年になります。実習では実際にけがをした子どもの手当をするなど、今までの学びが試されるような場面もあり、気が引き締まりました。指導力を在学中にもっと高め、子どもたちに寄り添い、笑顔にできる養護教諭になりたいです。

N.Y.さん/福井県立武生東高等学校出身

健康システム学科

4年間の流れ

関連サイト

受験生応援サイト アカデミック・レクチャー