English

兵庫大学 兵庫大学短期大学部

2年間の流れ

2年間の流れ

保育の現場が身近に感じられ、将来がイメージできます。

附属幼稚園で見学や観察実習を行えるだけでなく、現場で働く先生方の姿を普段から見ることもとても参考になります。お話を聞く機会も多く、ただやさしくするだけでなく、きちんと叱れるようにとアドバイスをいただくなど、保育者としてどうあるべきか自分のイメージが固まってきました。

O.K.さん/兵庫県立伊川谷高等学校出身

子どもの成長に関わるための、責任を強く感じています。

実習が進み二度目の実習になると、自分で保育の指導案を考え、先生として子どもたちと関わることになります。そのため、ただ指導するだけでなく、子どもたちにとって良い手本となるような行動が求められます。子どもの成長に携わる保育者として、今まで以上に責任を強く感じています。

M.I.さん/兵庫県立佐用高等学校出身