English

兵庫大学 兵庫大学短期大学部

3年間の流れ

3年間の流れ

音楽の楽しさを伝えられる保育をめざしています。

子どもが好きなことと、仕事の場で好きな音楽を活かしたくて保育の道に進みました。ピアノをレベルに合わせて丁寧に指導してもらえるので、日々の上達を実感できます。おかげで譜面通りに弾くだけでなく、気持ちを込めた演奏がだんだんとできるようになりました。

F.M.さん/兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校出身

実践的な授業やイベントで、実力を高められます。

2年次になると、作品展示を学ぶ造形の授業や、ピアノに合わせた手遊びなど、保育の現場で実際に役立つ授業が増えていきます。また、地域の子どもたちを招待し、自分たちで計画したプログラムを実施する七夕まつりなどもあり、保育の知識や実力をどんどん高められます。

F.Y.さん/兵庫県立明石高等学校出身

子どもの元気さに負けない、保育者になりたいです。

3年次では保育所や幼稚園、児童福祉施設などさまざまな現場で実習を経験します。実際に自分で考えた保育の計画を実行するなど、実習の内容は難しくなりますが、その分鍛えられます。将来は持ち前の明るさを活かして、子どもたちに負けない元気な保育者になりたいです。

I.M.さん/兵庫県立加古川南高等学校出身