ホーム > 学部・学科・研究科 > 短期大学部 > 保育科第三部 > お知らせ > 【短期大学部保育科】平成29年度卒業生「里帰り会」を開催しました!

保育科第三部からのお知らせ

保育科第三部からのお知らせ

2018.11.20

【短期大学部保育科】平成29年度卒業生「里帰り会」を開催しました!

平成30年11月11日(日)13時~15時、平成29年度卒業生「里帰り会」を開催しました。おだやかな秋の日ざしが注ぐ5号館301号室に、卒業生41名・在学生と保育科の教員、あわせて72名が集い、楽しい時間を過ごしました。

 本学を巣立って約7か月、卒業生たちはそれぞれの道をしっかりと歩み始めているようでしたが、友との再会はみんなを一気に学生時代に戻しました。すこし長めの休暇明けのおしゃべりといった調子で、経験してきたことをお互いに報告しあい、ともに考えたり喜んだり、心に積もった思いを分かちあっていました。それぞれが仕事を通じて得た、問題への対処法や子どもたちとうまく接する方法といった、すぐに使える知恵も出しあえたようです。

 企画・準備・進行を担当した在学生も、卒業生たちのそうした会話を耳にすることで、自身の将来に役立てられるさまざまなヒントを得たことでしょう。出産間近の大きなおなかを撫でながら来た卒業生、かわいらしい赤ちゃん連れで来た卒業生たちのうれしい報告や、「婚活」談義にも花が咲いて盛り上がりました。

 在学生から卒業生への「質問コーナー」では、回答者たちがそれぞれ推薦してくれた、人気の手あそび各種を全員で楽しみました。そして、コーナーの景品に一喜一憂する回答者の愉快な反応に会場は和やかさに包まれ、「卒業してから、一番うれしく思ったことは?」という質問に対する回答者たちの心温まる話に、会場の一同は感動と前進するための勇気とをもらいました。

 子どもたちが心から慕っている存在、保護者たちが厚い信頼を寄せている存在としての自分を、回答者たちはふとした機会に知ったといいます。それが自身を力づける宝物、保育者としての生きがいになっているというのです。

 約7か月という短い期間にもかかわらず、卒業生たちは保育者としての喜びや自信を得て、確実に成長を遂げていました。そんな卒業生たちの姿に、在学生も気持ちを新たにしたようです。

 今回は残念ながらお越しいただけなかった卒業生の皆さまも、それぞれに成長され、ご活躍なさっていることでしょう。

 兵庫大学短期大学部は卒業生をいつでも、いつまでも見守っています。ずっと卒業生を応援します。母校は卒業生の実家です。

 相談したい事がある、ちょっと報告したい、近くまで来たから......きっかけは何でも、お気軽にご連絡・お立ち寄りください。お待ちしております。

〈連絡先〉TEL:079-424-0052(兵庫大学短期大学部保育科)

三宅先生のお話.png

「三宅部長のご挨拶」

歓談タイム.png

「歓談タイム」

質問タイム.png

「質問タイム」

集合写真.png

「集合写真」

戻る