4年間の流れ

4年間の流れ

基礎ゼミ

基礎力を養うため、コミュニケーション、ノートテイキング、レポート作成、プレゼンテーションの方法などを学びます。大学での学習は、多岐にわたり、能動的に課題を解決することが求められます。不安を抱える学生もいるかと思いますが、この科目を履修することにより、それらが解消され、学習をより効果的なものにできると考えています。

国際看護学Ⅰ

この講義は、看護師の国際的視点を育むためにプログラムが組まれており、その一つに、JICA関西の訪問があります。青年海外協力隊の経験がある看護師・助産師に体験を聞くことより国際看護の実際を学びます。

リスクマネジメント論

人間には「見たいものを見る」「聞きたいように聞く」というような特性があります。私たちは、日常生活の中でもちょっとした間違いを起こしています。しかし、これが医療の現場になると大変なことになります。人の命に直結するからです。この科目では過去に起こった医療事故の原因分析をして、事例からどのような防止策がとれるのかを考えています。

看護の統合と実践実習

この実習では講義、演習および各領域実習で学んだ知識と技術を統合し、患者さんに応じた看護の基礎実践能力を養います。また、多種多様な保健医療チームの中での看護の役割と連携の在り方を学ぶ実習です。看護管理についても学び、4年間の総仕上げを行う実習です。