ホーム > 学部・学科・研究科 > 生涯福祉学部 > こども福祉学科 > お知らせ > 福祉型障害児入所施設「向陽学園」を訪問しました

こども福祉学科からのお知らせ

こども福祉学科からのお知らせ

2019.10.25

福祉型障害児入所施設「向陽学園」を訪問しました

 10月23日、東大阪市の町中にある向陽学園を訪問しました。主として知的障害のある児童が生活する福祉型障害児入所施設です。各種の実習に係る科目を受講している学生22名が参加しました。

IMG_0412(向陽学園)_s.jpg

 14時ごろに学校から帰ってくる小学生を出迎えあいさつを交わしました。場所を食堂に移して、おやつのクリームパフェづくりを一緒にするという交流の場を設けてくださっており、その作り方を聞き少し緊張しながら児童を待ちました。

IMG_0417(向陽学園-3)_s.jpg

 その食堂の前には、わたくしたちのための手作りウエルカムボードがありました。

修正版(向陽学園ー2)_s.jpg

 そのあと、理事長であり園長の安城一郎氏から迫力のある講話がありました。障害のある子どもの現状を社会問題の最前線として話してくださいました。 子どもが好きという事で保育士を目指す人は多いのですが、大学で学んだ知識と技術を活かして子どもに向き合うとき、自らも納得できる人生を生きることになる、という言葉には胸が熱くなりました。

戻る