ホーム > 新型コロナウイルス感染症に関する対応について

重要なお知らせ

重要なお知らせ

2020.03.04

新型コロナウイルス感染症に関する対応について


各位

新型コロナウイルス感染症に関する対応について

学長 河野 真
(危機対策本部長)

みだしのことにつきまして、感染拡大を予防する観点等から、
下記のとおりのご対応をお願いいたします。


1 感染予防対策の徹底について
 感染の予防対策として、人混み(換気が悪く人が密に集まって過ごすような空間集団で集まること)を避け、咳エチケットや手洗い、うがい、アルコール消毒などの感染症対策に努めてください。また、手洗い前に粘膜(目、鼻、口など)に触れないことが重要です。

2 感染が疑われる場合の対応について
 風邪や発熱などの症状が出た場合には、外出せずに自宅で療養してください。
 次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
  ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
   (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
   ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

3 新型コロナウイルスに罹患した場合の取扱いについて
<学生の登校停止及び期間>
 罹患した場合は、「治癒するまで」登校停止(学校保健安全法施行第19条第1項)とします。登校停止により欠席した授業科目については、学生の不利益とならないような適切な配慮を行います。
<教職員の出勤禁止及び期間>
 罹患した場合は、就業規則(第44条)により「治癒するまで出勤禁止」とします。
<大学への報告の徹底>
 罹患した場合は、学生及び教職員とも、次の内容を総務課に電話又はメールで報告してください。
 〔学 生〕氏名、所属学部・学科、学籍番号、症状とその発生時期、渡航歴の有無、直近の大学登校日
 〔教職員〕氏名、所属、症状とその発生時期、渡航歴の有無、直近の大学出勤日

4 濃厚接触者となった可能性がある場合について
 家族がコロナウイルスに感染する等、濃厚接触者と判断された場合は、感染者と接触した日から14日間の自宅待機となりますので、学生及び教職員とも、総務課に報告してください。
 なお、待機期間中は、健康状態に注意を払うとともに、毎日検温を行い、発熱(37.5℃以上)や、急性呼吸器症状が出た場合には、医療機関受診前に「帰国者・接触者相談センター」等に相談してください。

5 会議等の開催について<教職員>
 不要不急の会議については、延期や中止を検討してください。大学運営等に必要な会議(大学運営会議、教授会、学科会議等)を開催する場合は、感染予防対策を徹底してください。風邪の症状のある方は会議等に参加をしないようお願いします。

6 教職員の海外出張の扱いについて<教職員>
 海外への出張については、不要不急で延期や中止が可能なものは、延期又は中止を要請します(「外務省海外安全ホームページ」「海外安全情報」の「レベル2」以上の地域への渡航は禁止です)。
 なお、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、本年度に予定していた研究出張が延期又は中止された場合、その個人研究費等については翌年度への繰り越しを可とします。

7 学外者利用の施設利用について
 学外利用者への図書館利用及び施設貸し出しについては、当面の間、お断りさせていただきます。学外利用者の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

8 本学にお越しになられる方々へ
 新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐために、風邪の症状や37.5℃以上の発熱がある場合、また体調不良や倦怠感がある場合には、来学をご遠慮願います。
 上述の症状等がない場合でも、必要に応じてマスクを着用するほか、咳エチケットや手洗い、アルコール消毒を徹底するなどの感染予防対策へのご協力をお願いいたします。

文部科学省:「新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について」
内閣官房 :「新型コロナウイルス感染症の対応について」
厚生労働省:「新型コロナウイルス感染症について」
     :「帰国者・接触者相談センター」
外 務 省:「海外安全ホームページ」

重要なお知らせ