教員紹介

教員紹介

看護学部 看護学科

秋山 正子Akiyama Masako

職名:
講師
専門:
在宅看護学、エンドオブライフ看護学
主な担当科目:
在宅看護援助論、在宅看護実習、老年看護学実習、基礎ゼミ、基礎看護実習、看護の統合と実践実習、看護研究
学歴・学位 大阪大学医学部保健学科看護学専攻卒業
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期課程修了(保健学修士)
大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程在籍中
所属学会 日本エンドオブライフケア学会
日本老年医学会
日本看護科学学会
日本在宅看護学会
日本在宅ケア学会
主な研究テーマ 在宅看護学、エンドオブライフ看護学
・訪問看護
・死の認識理論
・高齢者総合的機能評価
・補完代替療法(アロマセラピー)
主な教育研究業績 ・「エンドオブライフケア看護学-基礎と実践-(第1部第7章 5.在宅ホスピス 第1部第8章 1.死の認識理論 第2部第9章 5.補完代替医療)」 共著:小笠原 知枝編著、秋山 正子 ヌーヴェルヒロカワ(2018年)
・「老年医学(上)-基礎・臨床研究の最新動向-(在宅医療と多職種連携-看護師の視点)」 共著:楽木 宏実監修、秋山 正子 日本臨牀社(2018年)
・「委託型地域包括支援センター看護職員を対象とした地域診断研修プログラムの有効性検討」 共著:近藤 純子、尾ノ井 美由紀、樺山 舞、秋山 正子、井上 清美、山内 江美子 大阪大学看護学雑誌、25(1) (2019年)
・"Association of Visiting Nurses’ Response with Cancer Patients’ Good Death by Awareness of Dying Type″ Masako Akiyama, Mai Kabayama, Kaoru Kuyama & Kei Kamide. The 21st IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics (2017年)
・"Awareness of Dying of End-stage Cancer Patients in Home and Visiting Nurses’ Cognitive Correspondence″ Masako Akiyama, Kei Kamide, Kaoru Kuyama, Mai Kabayama & Norie Nitta 20th East Asian Forum of Nursing Schoars (2017年)
・「訪問診療受療中の療養者における在宅療養中断と死亡に関連する要因の検討-訪問診療記録と訪問看護記録からのレジストリー研究(OHCARE研究)」 共著:秋山 正子、樺山 舞、糀屋 絵理子、黄 雅、山本 真理子、樋上 容子、樂木 宏実、神出 計 日本老年医学会第60回学術集会(2018年)
・「終末期がん療養者に対する訪問看護師の対応とGood Death-死のアウェアネス理論における終末認識による分析-」 共著:秋山 正子、樺山 舞、久米 弥寿子、神出 計、小笠原 知枝 日本エンドオブライフケア学会第1回学術集会(2017年)
・「原著論文の書き方 草稿 看護婦(士)と看護学生の死生観に関する質問紙調査-死のイメージ・考え・態度による分析」 共著:小笠原 知枝、久米 弥寿子、長坂(秋山) 正子 がん看護(1999年)
・「終末期がん療養者に対する訪問看護師の感情・行動傾向」 科学研究費補助金(研究活動スタート支援:代表)(2015年~2017年)
・「在宅看取りの満足度に関連する要因-在宅診療記録・訪問看護記録と質問紙の量的分析-」 学術研究助成基金助成金(基盤研究C:代表)(2017年~)
主な社会活動 ・兵庫県看護協会阪神南支部拠点 まちの保健室(2015年~2019年)
・吹田市みんなの健康展(2016年)
お役に立てること ・在宅看護に関するご相談
戻る