教員紹介

教員紹介

看護学部 看護学科

宮島 多映子Miyajima Taeko

職名:
教授
専門:
基礎看護学
主な担当科目:
看護学概論、基礎看護学実習ⅠⅡ、基礎看護技術 ⅠⅡⅢ、基礎ゼミⅠⅡ、卒業研究
学歴・学位 兵庫県立看護大学大学院看護学研究科修士課程(看護生態学)修了  修士(看護学)
山梨大学大学院医学工学総合教育部人間環境医工学専攻生体環境学コース(博士課程)社会医学講座 修了
医科学博士(山梨大学医工博甲第14号)
 
所属学会 日本看護研究学会
日本看護科学学会 
日本看護学教育学会 
日本福祉工学会 
日本消化器内視鏡技師会
主な研究テーマ ・看護技術の生理学的検証
・Miyajima式腹部圧迫法の臨床応用
・メディアが作り出す看護師のイメージ
・看護用具の開発
主な教育研究業績 ・閉経後の日本人女性の骨密度に影響を及ぼす要因 日本看護研究学会雑誌 25巻5号 p.97~p.107.2002
・腸音解析を用いたMiyajima式腹部圧迫法の排便促進効果 日本看護科学学会誌 28巻3号 p.12~p.21 2005
・A Pilot Study Testing the Safety of an Elder Chair Exercise Machine using Healthy Adult Females. Japan Journal of Nursing Science 7巻p.37~p.46 2010
・文部科学省科学研究費 補助金  若手研究(B) Miyajima式腹部圧迫法の臨床応用 -安全性と有効性の検証-(代表) 380万円 2006-2009
・日本学術振興会科学研究費補助金  基盤研究(C) Miyajima式腹部圧迫法の臨床応用-便秘患者の安全性と有効性の検証-(代表) 473万円 2011-2013
・Miyajima式腹部圧迫法の臨床応用(PhaseIII)-安全性と有効性の評価-(代表) 507万円 2015-2017
・白と青・緑の色のイメージが身体(循環動態)、心理に与える影響 医学と生物学 152巻10号 p.443~p.44 2008
・産学共同研究:(株)テクノエレメント 「温熱機器による看護用具の開発」 2010-2012
お役に立てること ・内視鏡看護に関する研究指導
・看護用具の改良およびそれにかかわる実験による検証
戻る