English

兵庫大学 兵庫大学短期大学部

ホーム > 教育・研究・附置機関 > 高等教育研究センター > 高等教育研究センターからのお知らせ > HU高等教育研究センター
第1回 公開講演会・シンポジウムの開催ご案内

高等教育研究センターからのお知らせ

高等教育研究センターからのお知らせ

2017.06.28

HU高等教育研究センター
第1回 公開講演会・シンポジウムの開催ご案内

各位

 平素は、弊センターの活動にご支援・ご協力を賜りまして、まことに有り難く、心から御礼申し上げます。
 さて、来る7月28日(金)に下記の趣旨の通り、HU高等教育研究センター主催の2017年度第1回公開講演会ならびにシンポジウムを開催することになりました。
 総合テーマとして、「学生の超多様化と大学教育―高大接続の視点から」を標榜しておりますが、その趣旨は学生と大学教育の関係を高大接続、学士課程教育の質保証などの観点から議論し、大学教育改革に資すことを目的にしております。
 第1部の公開講演会では、講師の武内清教授に「現代学生の超多様化現象--調査を手掛かりにして」を演題に、ユニバーサル化時代に「超」多様化の段階に到達している学生の実態について、長年手がけられてきた調査を基に実証的に論じていただきます。
 第2部のシンポジウムでは、少なくとも4つのグループに区別できる超多様化した学生に対応した教育が今日の大学教育において必要だと考えられますが、現実の教育実態はどのようなものでしょうか。この問題にシンポジストの事例的なアプローチと解析をお願いしました。各先生は、国立大学、私立大学、高校、あるいはボーダーフリー大学、専門分野などの視点から分析のメスを入れていただきます。
 具体的には、学生が超多様化しているボーダーフリー大学において、学生の質保証は可能なのかを実態を基に分析すること、大学の学部学科を中心に事例的に学生の実態と教育方法の改革を考察して方向を探ること、高校教員が見た生徒の多様化現象は何か、そして大学教育にはどのような学生へ育成することを期待しているのか、といった分析です。これらの分析を通して、現在の多様化した学生に対する教育の問題点と課題は何かを検討し、今後いかなる方向へ教育改革を行うかを提言していただきます。
 皆様にはご多忙中恐縮ですが、大学教育の打開に向けて充実した議論が行われるものと期待されますので、開催の趣旨にご賛同の上、奮ってご出席いただきますと幸甚に存じます。

 
平成29年6月28日
HU高等教育研究センター長
有本 章

leaflet-1.jpgのサムネイル画像 leaflet-2.jpgのサムネイル画像
■問い合わせ先
兵庫大学高等教育研究センター 平井    TEL. 079-427-9822     FAX. 079-427-9822

H29_ 第1回講演会案内状.pdfをご確認ください。
戻る

教育・研究・附置機関

高等教育研究センター

English Page 付置機関一覧へ