現代ビジネス学部

現代ビジネス学科

将来めざせる道は幅広い。
経済・経営を学び、
自分が輝けるフィールドをみつけよう。

地域と協働で取り組む「プロジェクト型学習(PBL)」を通して、
地域で活かせるビジネススキルを身につける。

Movie

現代ビジネス学科紹介ムービー

兵庫大学ならではの強み

留学により、生きた英語に触れて、ビジネス力を鍛える。

留学により、生きた英語に触れて、ビジネス力を鍛える。

英語圏での短期留学(1ヶ月)及び、中期(半年)・長期(1年)の留学にチャレンジすることが可能です。中・長期の留学に参加しても、留学先の単位が本学の単位として認定されるため、4年間で卒業することが可能です。

プロジェクト型学習により、社会で活躍できる能力を習得

プロジェクト型学習により、社会で活躍できる能力を習得

豊富な留学の機会で、現地で異文化を肌で感じながら生きた英語を学び、国際的な感覚を備えた人材を育てます。また実際に企業や地域に内在する課題を発見し、解決に向けて学生たちで考え行動する「プロジェクト型学習(PBL)」を初年次から実施。社会が求める力を実地から学び取ります。

「学修・キャリアポートフォリオ」を用いた学生サポート

「学修・キャリアポートフォリオ」を用いた学生サポート

担当教員が学生一人ひとりに細かく目を配り、「学修・キャリアポートフォリオ」などのツールを用いながら、学修面はもちろん日々の生活における疑問や不安についても丁寧にサポート。学生たちが安心して大学生活を送れるようにします。

知識・スキルを徹底的に育む
3つの専攻

グローバルビジネス専攻

グローバルビジネス専攻

語学力をはじめグローバルな視点で企業経営や国際経済を学び、地域に活かせるビジネスモデルを考察します。

地域ビジネス専攻

地域ビジネス専攻

経済・経営学の基礎を学び、地域を題材に観光・スポーツを通したまちおこしや特産品ブランド化などを企画します。

公共政策専攻

公共政策専攻

公的機関や社会起業家などの立場から、地域経済や地域ビジネスの課題を分析し、解決へと導く力を身につけます。

1年次からの地域自治体や企業と取り組む
「プロジェクト型学習(PBL)」

地場企業や地域の課題を見つけ、学生たちが自ら解決策を提案し、実行していくPBLを1年次から経験することで高い実践力を身につけることができます。商品開発や地域コミュニティの創造、地域の観光資源の活性化など地域に根ざした本学だからこそ経験できる学習プログラムです。
《協力してくれる自治体》
【プロジェクト型学習】
兵庫県東播磨県民局 東播磨地域ビジョン委員会/加古川市/稲美町/高砂商工会議所/東播磨カローリング研究会/富士ゼロックス兵庫 など
【ボランティア】
播磨町/NPO法人環境ユーイングてんま(いなみ野水辺の里公園指定管理者)など

公務員試験対策講座を大学の
経済的支援制度により
特別価格で受講できる

授業外で開催される公務員試験対策は年間118回(177時間)開講。公務員試験対策のプロフェッショナルによる講座で合格をめざします。

新たに『文系AI人材』の
養成を開始します

AI・データサイエンスを同地域ビジネスに活かすことができるか。現代社会では、業界を問わず、AI(人工知能)を気軽に使う時代を迎えようとしています。特にAIをどう作るかに加え、AI・データサイエンスのリテラシー(知識や情報を有効活用できる能力)を身につけて、ビジネスでの活用を考えることができる『分系AI人材』を養成します。

拓かれるプロフェッショナルへの道

金融

金融

地方銀行や信用金庫、証券会社、保険関連企業などの金融業界で、事業者を対象に事業計画に沿った融資プランや資産運用の提案を行います。世界経済から日本経済、地域経済に至るまで経済を俯瞰して捉える力が必要です。

将来的に仕事の幅を拡げるためにファイナンシャルプランナー(FP)の資格取得や株価の推移を予測する証券アナリストなどキャリアパスがあります。富裕層の個人を対象とした資産形成をアドバイスするプライベートバンキングとして独立するケースもあります。

公務員(地方行政・警察・消防他)

公務員(地方行政・警察・消防他)

県庁、市役所などで地域住民の暮らしを支えるためにさまざまな仕事に従事。配属課によって仕事内容は大きく異なります。警察官は広域な意味で国民の安全を守るのが仕事になります。消防士は火災現場での消火や救助などの活動が主な任務となります。

それぞれ国家公務員、地方公務員に所属するため安定性の高い仕事です。採用試験の倍率は非常に高いですが、採用後は安定した収入とキャリアステップを手に入れることができます。

観光・ホテル(ブライダル含む)

観光・ホテル(ブライダル含む)

旅行会社や地域の観光資源に係る仕事からCAや空港スタッフなどの航空業界、ホテル業界まで多岐にわたります。旅行会社では、プランの立案から航空券・宿泊先の手配などを行います。ホテルでは、宿泊サービス、ブライダルまで広く関わりますが、いずれも高いホスピタリティが求められる仕事です。

観光立国と言われる日本ではこれまで観光産業による収入が多くありました。2020年東京オリンピック後も一定期間は多くの外国人観光客が見込まれます。一方で、地域では観光を一つの産業とするための観光資源の発掘やPRが大きな課題となっています。

カリキュラム

Curriculum

アドミッション・ポリシー
(求める学生像)

  • グローバルな視点に立った学びを通じて、自らの視野を広げたいと考える者
  • 経済・社会の諸問題について、ビジネスという視点から考察し社会貢献したいと考える者
  • 他者との協働を通じて自己成長を図りたいという意欲のある者
ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーはこちら
現代ビジネス学科長 榎木浩教授

あなたの地域をビジネスで元気に

自分の住んでいる地域を元気にしたい、豊かにしたい、そんな思いを持った学生が集う現代ビジネス学部。地域の課題をしっかり見つめ、現代には欠かせないグローバルなものの見方のできるビジネスリーダーとして、地域で活躍できる人材を養成します。
主体的・実践的に学ぶためのプロジェクト学習を中心としたアクティブ・ラーニング、ボランティア活動・インターンシップ・海外留学等での実社会での体験、ビジネスの基礎となる経済・経営などの専門知識により、現代のビジネスを実践・支援できる力を身につけ、将来地域のビジネスリーダーとなるべく羽ばたいていきます。

現代ビジネス学科長 榎木浩教授