生涯福祉学部

社会福祉学科

幸せな地域をつくる、
誰もが過ごしやすい社会をつくる、
そのために動くことに専門職として
働く本質があります。

「社会福祉士」と「精神保健福祉士」の国家資格を取得し、
幅広く活躍できる社会福祉のプロフェッショナルを育てる。

Movie

社会福祉学科紹介ムービー

兵庫大学ならではの強み

医療に強い社会福祉士の育成に向けた教育プログラムを実施。

医療に強い社会福祉士の育成に向けた教育プログラムを実施。

地域包括ケアシステムにおける医療と福祉をつなぐ、医療に強い総合的かつ包括的な実践力をもつ社会福祉士が求められています。

効果的に知識を付けることができる豊富な実習

効果的に知識を付けることができる豊富な実習

1年次から社会福祉現場を体験しながら段階的に現場に触れ、さらに独自の実習前教育によってより効果的に実習に臨むことができます。医療機関などでの短期実習など、豊富な実習内容が特長です。また、学生一人ひとりのニーズに合わせて多彩な実習先を用意しています。

綿密な試験対策により、国家資格取得に向けて万全のサポート。

綿密な試験対策により、国家資格取得に向けて万全のサポート。

入学と同時に国家試験科目の学びが始まります。4年間、各教科の専門の教員が一丸となって国家試験勉強をサポートします。3年次からは受験対策講座を開き、4年次には外部の受験対策講座や全国模試を組み込み、一貫したサポートにより学習を支え、合格へとつなげます。

福祉の領域を拡げ、専門性から“はみ出す力”を持った人材を育てたい

社会福祉と聞くと介護や社会的弱者を連想される方が多いかもしれません。しかし、社会福祉とはもっと広域なもので、社会をよりよくしたいという想いを実現していくことであり、それが社会福祉の仕事の魅力でもあります。学生にはそのことを実感してもらうために本学では、医療や福祉現場での実習はもちろんのこと、学外でのボランティア活動などに参加することを推奨しています。実習先も大学側で決めた施設に割り当てるのではなく、学生自らが希望する場所へ行けるよう配慮します。それもこれも社会福祉士の可能性を学生に感じて欲しいと願っているからです。この湯小名本学科の考え方は、教員が社会における福祉の重要性を知っている実務家教員ばかりだからかもしれません。

全国平均を大きく上回る
国家試験合格率のヒミツ

本学科では、「社会福祉士」と「精神保健福祉士」の国家試験合格を一つの目標としています。現場を知ってから学ぶ方が知識への理解力が深まるため、座学ばかりでの知識を詰め込むのではなく、福祉現場での実習と連動して学習することを重視しています。また、定員40名と少人数の学科なので、疑問や不安があっても教員やチューター、そして仲間が一緒に解決してくれます。その他、無料で受けられる学内も視野学外模試の費用負担など、試験合格へのサポートが充実しています。

社会福祉士になりたい気持ちを支援する
「法人連携方式(福祉人材育成型)」

本学科には、「法人連携方式(福祉人材育成型)」という入学者選抜方式があります。これは本方式に合格した学生に対して各法人から奨学金が貸与されるもので、社会福祉士をめざす学生を支援する独自の制度になります。(詳細は入学者選抜要項を参照)
これまで奨学金を受けた学生の中には、奨学金を活用してアメリカやドイツに行き海外の福祉を視察するなど、自己研鑚のために投資する学生もいました。奨学金の使い方は自由ですが、この方式を活用することでより幅の広い学びを得られることは間違いありません。
【連携先法人】
一般社団法人日の出医療福祉グループ・社会福祉法人桜谷福祉会・社会福祉法人正久福祉会

拓かれるプロフェッショナルへの道

医療(社会福祉士・精神保健福祉士)

医療(社会福祉士・精神保健福祉士)

社会福祉士は、身体障がい者や知的障がい者、低所得者などの相談に応じ、助言や指導を行い、福祉サービスや保健医療サービスとの橋渡しをします。精神保健福祉士は、メンタルヘルス・精神障がい者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練・援助を行います。

社会福祉士は、福祉施設・学校・病院など、様々な場所で活躍していますが、超高齢化社会を迎えるにあたり、高齢者施設での需要も高まっています。精神保健福祉士は、職業リハビリテーション分野をはじめ、精神医療・精神保健福祉分野に限定されない活動が期待されています。

公務員(児童相談所・社会福祉事務所)

公務員(児童相談所・社会福祉事務所)

児童相談所は、満18歳未満の子どもに関する相談に応じ、子どもが心身ともに健やかに育つよう子どもや家庭を援助します。社会福祉事務所は、福祉を必要とする人に対して面接を行い、福祉六法に定める援護、育成、更生の措置を行い、問題解決に導いていきます。

近年、暴力や育児放棄などの児童虐待が深刻化しており、児童相談所の権限と責任が強化されてきています。また、社会福祉事務所は、地域福祉を推進していく拠点の一つで、住民の社会福祉サービスの権利を守るためにも今後ますます重要な役割を担っていくことになります。

教育(スクールソーシャルワーカー・高等学校教諭)

教育(スクールソーシャルワーカー・高等学校教諭)

家庭に何らかの問題を抱えている子ども、いじめ、虐待など支援の必要な児童に対し、直接的な解決や、間接的に、学校、家庭、地域で暮らし続けるための環境を整備します。子どもを教育する教員の相談にも応じます。

家庭に何らかの問題を抱えている子ども、いじめ、虐待など支援の必要な児童に対し、直接的な解決や、間接的に、学校、家庭、地域で暮らし続けるための環境を整備します。子どもを教育する教員の相談にも応じます。

カリキュラム

Curriculum

アドミッション・ポリシー
(求める学生像)

  • 社会福祉の分野に関心を持ち、自ら学ぶ意欲のある者
  • ソーシャルワークの専門職を希望し、福祉や生活課題をもつ人を支援する意志のある者
  • 社会福祉の価値を理解し、将来にわたり学びの成果を地域や社会に還元する意欲のある者
ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーはこちら
社会福祉学科長 和田 光徳教授

チーム医療を担い、
地域包括ケアの時代における
医療と福祉をつなぐ
総合力のある社会福祉士を育てます。

本学科では、「対人関係力」「問題解決力」「問題解析力」などの実践力を備えたソーシャルワーカーを育てています。とくに、一般病院、リハビリテーション病院、老人保健施設等で活躍する医療ソーシャルワーカー養成においては、チーム医療・福祉の担い手としての力量を高めることを主眼としています。

社会福祉学科長 和田 光徳教授