ホーム > 学部・学科・研究科 > 看護学研究科

大学院

看護学研究科

住民一人ひとりの尊厳を最大限尊重する高い倫理観を養い
QOL(生活の質)およびQODD(死にゆく過程と死の質)の向上に資する
高度な看護専門職の育成を目指します。

看護学研究科の特徴

社会人の学びやすい形態での授業

保健医療福祉の場で現職にある看護師や保健師等の社会人が、仕事を続けながら大学院教育を受けられるようにするため、平日の夜間(18:00〜21:10)や土曜に授業や研究指導を行う制度を導入しています。また、長期履修制度があり、社会人が授業に参加しやすい形態となっています。

参加型授業

博士前期課程では、科学的根拠に基づいて看護実践を遂行し課題解決に取り組む力を備え、看護研究に取り組むための基礎的な能力を身につけるため、授業は、より実践に即した論理的思考および技術を養えるように、参加型授業を基本とし、グループワークをはじめとした演習、フィールドワークなど多様な教育方法を取り入れます。

充実した施設

シミュレーション教育では本学の附置機関「地域医療福祉研修センター」を利用します。本施設はコンピュータ制御の模擬患者(シミュレータ)を配置した「メディカルシミュレーションユニット」と在宅ケア利用者が暮らす居室、社会福祉施設の入浴室などを再現した「看護・介護研修ユニット」で構成され、病院から在宅への一連の流れを体験できます。

研究の領域

「博士前期課程」と「博士後期課程」の両課程ともに同じ方向を見据えて、 教育・研究を深化させていくという一貫性と連動性をもたせています。

Curriculum

養成する人物像

[博士前期課程]

QOLの向上に貢献し、看護のリーダーとなる人材

エンドオブライフケアを含めた、看護の高度な知識に裏打ちされたケアを提供することで、人々の生活の質の向上に貢献し、看護のリーダーとなることのできる人材を養成します。

多職種・多機関と連携・協働し地域住民の健康を支える人材

看護専門職者として、地域の多職種・多機関と連携し協働することで、地域住民の生活を支えるケア体制や保健医療システムの向上に貢献できる人材を養成します。

地域の看護管理、教育に貢献する研究ができる人材

看護実践における研究を通じて、地域の看護管理、看護教育、看護研究に貢献できる人材を養成します。

[博士後期課程]

看護の課題や、健康問題を解決へと導く人材

看護の専門職として、卓越した専門的知識と包括的な分析能力や研究能力をもって、看護の課題や健康問題を解決に導くことができる人材を養成します。

保健医療・福祉に関わる社会システムの構築と発展に貢献できる人材

国内外の多分野の専門家や研究者と協働することを通じて、地域の人々の健康課題の解決に寄与し、保健医療に関係する社会システムの構築と発展に貢献できる人材を養成します。

看護学の研究領域を開拓し、看護学の発展に寄与する人材

グローバルかつ多角的、複合的な立脚点から、独創的で卓越した看護研究活動を通じて、看護の新たな研究領域を開拓し、看護学の発展に寄与することができる人材を養成します。

アドミッション・ポリシー
(入学者受け入れ方針)

[博士前期課程]

  • 高い倫理観を基盤に、自らの看護の力について語れる人
  • 看護実践で生じるさまざまな現象や課題を見極め、看護の質の向上に寄与したい人
  • 看護あるいは保健医療・福祉・教育における新たな問題を自主的に解決したい人
  • 実践に根ざした研究課題に取り組むために必要な研究方法を学びたい人

[博士後期課程]

  • 人の尊厳を尊重し、高い倫理観の基で社会に貢献する意志と使命感を有する人
  • 専門分野に精通した知識と柔軟な発想を持つ人
  • 看護実践力を基盤として、看護を取り巻く環境で生じる現象を見極め、教育と研究を推進することができる人
  • 生活者の視点と国際的な視野を合わせもち、看護の発展を目指す人
  • 看護学の発展につながる研究力・教育力及び革新する力を高めることへの強い意志がある人
ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーはこちら
大学院 看護学研究科長 三徳 和子 教授

新たな看護の「知の探究」へ

超高齢社会が持つ複雑多岐にわたる健康ニーズに対応するため、博士前期課程(2年)、博士後期課程(3年)を同時にスタートします。看護学研究科では、住民一人ひとりの尊厳を最大限尊重する高い倫理観を養い、QOL(生活の質)およびQODD(死にゆく過程と死の質:Quality of Dying and Death)の向上に資する高度な看護専門職の育成を目指します。
学修は学生の主体性を尊重しつつ、看護実践能力・問題解決能力を強化する看護専門科目と、それを支える共通科目を配置します。特別研究では科学的根拠に基づいた看護の新たな「知」を創出し、その「知」を臨床現場に還元し、人々の健康と社会の発展に貢献するとともに、看護の発展に寄与することを目指します。
社会人に開かれた学修体制のもと、看護の志を持つ仲間ともに、新たな看護の「知の探究」に参加してみませんか?

大学院 看護学研究科長 三徳 和子 教授