ホーム > 学生生活  > 国際交流 > 国際交流からのお知らせ  > 国際交流プログラム(ナーシングスタディツアー)でタイ マハサラカム大学を訪問しました。

国際交流からのお知らせ

国際交流からのお知らせ

2016.03.25

国際交流プログラム(ナーシングスタディツアー)でタイ マハサラカム大学を訪問しました。

 平成28年3月7日(月)から3月14日(月)まで、「看護学、外国語の学習に関するモチベーションの向上」、「海外の医療現場へのearly exposureにより、国際保健・看護に興味をもつきっかけをつくる」、「異なる文化と触れ合うことにより、国内外にかかわらず広い視野をもち多様な価値観の者への思いやりにあふれた看護師を育成する」という目的のもと、看護学科教員3名と看護学科学生10名が、タイ国立マハサラカム大学を訪問しました。
 同大学では、研究発表、伝統医学センターの視察、病院(HIV・エイズセンター、分娩室、新生児集中治療室、小児科病棟)の視察といった活動を行い、日本とタイの医療制度、看護制度の違いについて学びました。

 学生からは「病院や施設等を見学することで、タイの医療制度等について学ぶことができました。また、改めて日本医療の長所・短所を知るきっかけにもなりました。今回のタイでの看護研修を通して、世界に誇れる看護師になりたいと思いました。」といった感想があり、本ツアーに大きな成果があったことが伺えました。

 本学は、これからも国際交流を積極的に推進していきます。
kennkyuuhappyou.jpgha-buboll.jpgkoureisyagakkou.jpg

戻る