English

兵庫大学 兵庫大学短期大学部

ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.3212 6つのステップで理解する顧客との取り引きのルール-事業のリスクを見える化し、信頼獲得と売上向上につなげる具体策-

講座

講座

No.3212 6つのステップで理解する顧客との取り引きのルール
-事業のリスクを見える化し、信頼獲得と売上向上につなげる具体策-

消費者と事業者との取り引きには様々な法律が関係し、事業活動の基本となります。法律を知らないことで思わぬトラブルや損失に遭遇する一方、法律を知りうまく使いこなすことで、消費者からの信頼獲得や売上向上に結びつけることもできます。本講座では消費者センター行政技術職員としての具体的な現場経験を交えながら、実践的な法律対応を体系的に学び、事業の成長発展につなげることを目指します。

目標・メッセージ

コンプライアンス(法令遵守)やリスク管理という事業者の課題への具体的な取り組みを知ることで、信頼獲得や売上向上につなげましょう。

講師・略歴

赤松 靖生(消費者法務コンサルタント/一般社団法人はりまコーチング協会 代表理事)

1992年に神戸大学農学部修士課程を修了後、神戸市役所に行政技術職員として入庁。保健所等の食品関係部署で食中毒、苦情対応、事業者指導に10年間勤務後、消費者センターで11年間に15万件以上の相談を経験し、さらに300件以上の商品テストを実施。
2014年4月に消費者法の専門家として独立し、企業・商工会議所・消費者センター等を対象に、消費者対応の法律やコンプライアンスに関する研修講師、創業セミナー講師、個別コンサルティングを行っている。特に、消費者目線、事業者目線、行政目線の3つの目線をもった考え方は、分かりやすく説得力があると好評。

日程

平成28年5月19日(木)、6月2日(木)、6月16日(木)
    6月30日(木)、7月14日(木)、7月28日(木)

【開講時間】13:00~14:30

プログラム(演題)

第1回 消費者と事業者との間には格差があるという法律の前提と事業者の立場
第2回 ゼロから学ぶ契約の基本~民法・消費者契約法・特定商取引法
第3回 インターネットでの事業展開に必要な法律の使い方と意外に知られていない落とし穴
第4回 規制が厳しい表示のルールと売上拡大につながるポイント
第5回 個人情報の適切な管理による不祥事予防と信頼獲得によるイメージアップ
第6回 商品・サービスの事故発生時における消費者対応・行政対応・マスコミ対応の実際

会場
13号館エクステンション・カレッジ
定員
30人
受講料
7,740円
戻る