ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1091 高野山お礼参り(空海のあしあとを辿る最終回)-弘法大師・空海が開いた日本を代表する真言密教の聖地-

講座

講座

No.1091 高野山お礼参り(空海のあしあとを辿る最終回)
-弘法大師・空海が開いた日本を代表する真言密教の聖地-

宝亀5(774)年、讃岐国多度郡(香川県善通寺市)に生まれた弘法大師・空海は、弘仁7(816)年高野山に金剛峯寺を創建し、承和2(835)年同山にて入定しています。その高野山を四国八十八カ所お遍路巡りの成就のお礼参りをし、その後散策してみたいと思います。

目標・メッセージ

四国八十八カ所霊場の巡拝などで、偉大な空海(弘法大師)についてはご存知だと思いますが、空海についてもっと近くに感じて頂きたく思います。

講師・略歴

遠周 正義(兵庫県いなみ野学園 特任講師)
いなみ野学園(大学35期)卒業、地域活動指導者養成講座(21期)終了、大学院(9期生)終了。 いなみ野学園 第二期研究生在学中。 四国八十八カ所霊場会、四国別格二十霊場会、四国三十六不動霊場会、西国三十三所霊場会の公認先達。 西国6番札所安楽寺、奈良吉野山・金峰山寺で得度受戒。 金峰山寺僧侶(権律師)登録。

日程

①10月27日(日) 高野山金剛峰寺お礼参り

時間 日曜日 8:00 大学発、18:00 大学着(予定)

会場
高野山(和歌山県)
定員
30名
受講料
9,800円(バス代、食事代込)
戻る