ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1061 古典和歌の世界 ―『百人一首』を読む・知る・楽しむ―

講座

講座

No.1061 古典和歌の世界
―『百人一首』を読む・知る・楽しむ―

最近、「令和」の出典が『万葉集』だったこともあり、古典和歌に注目が集まっているようです。みなさんは古典和歌にどのようなイメージを持たれるでしょうか。難しそう、敷居が高そう、というイメージの方も多いのではないかと思います。この講座では、カルタで有名な『百人一首』を主な題材に、和歌の基本的な事項と歴史についてお話しします。

目標・メッセージ

「難しそう、敷居が高そう」というイメージを変えられるように、なるべく楽しくお話ししたいと思います。

講師・略歴

溝端 悠朗(龍谷大学・相愛大学 非常勤講師)
1989年大阪府生まれ。
龍谷大学大学院文学研究科日本語日本文学専攻博士後期課程単位取得満期退学。
修士(文学)。専門は中古中世和歌文学、特に院政期の和歌について研究しています。

日程

5月31日まで休講のため日程を変更しています。今後変更になる場合もありますので、お知らせを随時ご確認ください。
①06月13日(土)
②06月20日(土)

時間 土曜日 14:40~16:10

プログラム(演題)

①和歌の基本 ―ルールとレトリック― ②『万葉集』の和歌と歌人 ③六歌仙の時代から『古今和歌集』へ ④平安中期の和歌 ⑤和歌変革の時代 ⑥『新古今和歌集』の世界

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30名
受講料
3,000円※今後変更になる場合があります
戻る