ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1071 『源氏物語』の世界 ―夕顔の遺児、「玉鬘」の物語―

講座

講座

No.1071 『源氏物語』の世界
―夕顔の遺児、「玉鬘」の物語―

『源氏物語』の中で、読者に人気が高い女君「夕顔」の遺児が突然登場する「玉鬘」の巻。不明になっていた遺児の出現は、読者の期待に応えるかのように源氏を始め男君たちを惑わせ、六条院の女君たちに影響を与えます。この講座では、玉鬘の魅力を探るとともに、「玉鬘十帖」と呼ばれる巻の役割も考えることができればと思います。

★新規受講者の方にはテキストをプレゼント

目標・メッセージ

源氏の心の片すみに残る儚く散った「夕顔」。忘れがたみの「玉鬘」が源氏世界に巻き起こすドラマを見てみませんか。

講師・略歴

西中 裕子(兵庫県いなみ野学園 元副学園長)
兵庫県立高等学校教諭を経て、県立夢野台高等学校校長、
兵庫県いなみ野学園副学園長等つとめる。

日程

5月31日まで休講のため日程を変更しています。今後変更になる場合もありますので、お知らせを随時ご確認ください。
①06月05日(金)
②06月19日(金)
③07月03日(金)
④07月17日(金)

時間 金曜日 14:40~16:10

プログラム(演題)

①玉鬘系とは~帚木六帖と玉鬘十帖 ②「玉鬘」巻~夕顔の遺児の登場 ③「初音」「胡蝶」巻~玉鬘の魅力㊀ ④「蛍」「常夏」「篝火」巻~玉鬘の魅力㊁妻あらそい ⑤「野分」「行幸」巻~玉鬘、父との対面と源氏の思惑

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30名
受講料
6,000円
戻る