ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.2021 日本庭園の魅力と楽しみ方 ―ふるさとの庭園を中心に―

講座

講座

No.2021 日本庭園の魅力と楽しみ方
―ふるさとの庭園を中心に―

日本庭園は、山や海などの優れた自然の景観を身近な生活の中に取り入れる中で、不死不老や極楽浄土の世界を創造しながら形作られてきました。この世界に誇る庭園文化を、令和の出典となった万葉集時代の庭園から現代の庭園までを、ふるさとの庭園を中心に魅力と楽しみ方を分かり易く紐解いていきます。

目標・メッセージ

世界の人々から注目されている日本庭園の「こころとかたち」を知り、最終講座では、縮景式庭園「いなみ野万葉の森」を訪ねて研修する講座です。

講師・略歴

西 桂(日本庭園史家)
愛媛大学農学部卒業。同年4月より兵庫県立高校教諭。平成12年 (2000) 県立高等学校長を最後に定年退職。神戸市文化財審議会副委員長、兵庫大学非常勤講師等歴任。
現在、兵庫県や各府県の文化財庭園の調査や保存整備に従事。
昭和62年度 (1987)「神戸史学会賞」・平成24年度 (2012)「日本庭園学会賞」受賞。
【著書】『ひょうごの庭園』(神戸新聞総合出版センター)2018。『日本の庭園文化 』(学芸出版社2005。他

日程

5月31日まで休講のため日程を変更しています。今後変更になる場合もありますので、お知らせを随時ご確認ください。
①6月03日(水)
②6月17日(水)
③6月24日(水)現地研修(いなみ野万葉の森)

時間 水曜日 13:00~14:30

プログラム(演題)

①万葉時代から人々の生活とともに造られた日本庭園 ②夢窓国師や小堀遠州などの人物と庭園造り ③ふるさとにも残る大名庭園の魅力 ④茶道や煎茶道とともに造られた庭園様式 ⑤重森三玲の庭園意匠と現代庭園

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30名
受講料
4,500円
戻る