ホーム > 学部・学科・研究科 > 健康科学部 > 健康システム学科 > お知らせ > 健康システム学科の授業を紹介します ~「救急看護」編~

健康システム学科からのお知らせ

健康システム学科からのお知らせ

2018.05.30

健康システム学科の授業を紹介します ~「救急看護」編~

健康システム学科の3年次開講の必修科目「救急看護」で心肺蘇生法およびAEDの実技実習を行いました。健シスの学生は指導者、教師を目指しています。対象となる方や子供の命にかかわる可能性があります。関わる人の命を守るために、高いレベルでの心肺蘇生法とAEDの技術修得を目指しています。胸骨圧迫は5㎝以上の深さとガイドラインで定められています。実習では深さを表すモニターを活用し、自分の胸骨圧迫の程度を認識しながら学習します。また4年生にサポートに入ってもらい、どんなところにつまずいたのか等、実体験をもとにして受講者にアドバイスをしてもらいました。この実習の後には、効果測定を行い、確実に技術の習得を目指します。身につけた技術は自信となり、実際の救命場面で行動に移す「勇気」となると思います。
IMG_1582.JPG IMG_1578.JPG
IMG_1583.JPG
戻る