ホーム > 学部・学科・研究科 > 生涯福祉学部 > 社会福祉学科 > お知らせ > 加西市のフィールドワークで観光・文化について学びました。〈社会福祉学科2年生〉

社会福祉学科からのお知らせ

社会福祉学科からのお知らせ

2020.11.17

加西市のフィールドワークで観光・文化について学びました。〈社会福祉学科2年生〉

11月14日土曜日、加西市社会福祉法人連絡協議会、加西市、野条町住民の方々の全面協力で、加西市の観光と文化についてフィールドワークを行いました。加西市到着時には、市長が挨拶にお見えになり熱烈な歓迎を受けました。

午前中は善防山(標高251m)に登山(ハイキング)。本丸登山口から吊り橋までのコースを約2時間かけて縦走しました。善防山の山頂では、晴天に恵まれたおかげで、加西市内の田園風景と淡路島や明石大橋を一望することができました。
また、歴史的にも善防山山頂は重要な場所で、室町時代には赤松氏の山城があったと説明を受けました。
午後からは、野条ふれあいセンターで郷土料理をいただきました。この日のために罠猟で捉えた猪を食材にした『しし鍋』と、祝い事の際に振る舞われる『かしわ飯』を美味しくいただきました。
新型コロナウイルス感染予防のため、地域の方と交流する時間は少しでしたが、野条町住民の皆さんの温かさと加西地域の食文化の豊かさを実感することができた一日でした。

今回の交流や体験等で学んだことは、社会福祉の観点から参加学生全員で意見を出し合って、加西市が発展する提案ができるよう取り組んでいきます。
加西市社会福祉法人連絡協議会、加西市役所、野条町の皆様、そして西村市長 ありがとうございました。
DSC_1275-1.jpgDSC_1327-4.jpgDSC_1300-2.jpgDSC_1313-3.jpgDSC_0051-7.jpgDSC_0054-6.jpgDSC_0096-5.jpgDSC_0087-8.jpg

戻る