ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.2 近代日本の文学作品を味わう-芥川龍之介「鼻」を読む

講座

講座

No.2 近代日本の文学作品を味わう-芥川龍之介「鼻」を読む

明治から昭和戦前にかけて発表された小説のうち、教科書などでもおなじみの作家の短編を中心にじっくりと読みます。その作家の生い立ちや作品が誕生した背景・作品が生まれた時代の文化風俗にまで目を向け、作品のより深い味わいを引き出したく思います。

目標・メッセージ

絵や音楽と同様に、文学作品にもさまざまなとらえ方があります。そのとらえ方の基本を知ることで読む楽しみを増やしましょう。

講師・略歴

野田 直恵 (龍谷大学・相愛大学・兵庫大学兼任講師)

日程

4月13日(月)、4月20日(月)、4月27日(月)、5月11日(水)、5月18日(月)、5月25日(月)

13:00~14:30

プログラム(演題)

第1回 作家「芥川龍之介」の誕生まで
第2回 作品と素材との関係①――今昔物語と宇治拾遺物語
第3回 作品と素材との関係②――今昔物語と宇治拾遺物語
第4回 「鼻」を読む①
第5回 「鼻」を読む②
第6回 芥川の出発点としての「鼻」

会場
13号館204
定員
30人
受講料
7,740円
戻る