English

兵庫大学 兵庫大学短期大学部

ホーム > 総合案内 > シンボルマーク・学歌

シンボルマーク・学歌

シンボルマーク・学歌

シンボルマーク

シンボルマーク

兵庫大学・兵庫大学短期大学部のシンボルマークは、学生・卒業生・教職員の応募作品の中から美術デザイン学科助教授中井浩史氏(当時)の作品が選ばれ、2002(H14)年に制定されました。
シンボルマークは、大学のイメージや特色・目標を視覚的に象徴化したもので、あらゆるコミュニケーション活動の中心に位置付けられる、最も重要なアイデンティティ要素です。
このシンボルマークは、hyogoの頭文字のhと、「和をもって尊しとなす」を表した円を組み合わせ、全体の形は進化する情報化社会に対応する大学を表現するために@(アットワーク)をイメージできるようにしています。@は「~にあって」という意味合いから「ここにおいて」「兵庫大学で…」という意味で捉えることもできます。青は加古川をイメージ、緑は豊かな稲の葉をイメージしています。

タグライン

本学が掲げる教育理念やビジョンを示すタグラインとして「ありがとうのプロフェッショナルへ。」を策定しました。兵庫大学・兵庫大学短期大学部は建学の精神「和」に基づき、医療、福祉分野を中心に、心の通ったサービスを提供する専門家を地域に輩出していきます。

ありがとうのプロフェッショナルへ。

「ありがとう」に
あふれる人生を送ってほしい、
それが私たちの願いです。

あらゆることに感謝の念を抱きながら、
仕事をさせていただくこと。
他者にこころを寄せ、
おたがいに認め合い大切にしあうこと。
そして、他者とおたがいに譲りあい、助けあうこと。

すると、やがてあなた自身が
「ありがとう」という感謝の言葉を
いただくことができる専門家となります。
それこそが、私たちが目標とする
“ありがとうのプロフェッショナル”なのです。
私たちはあなたの一生を支える力を育みます。

生きる力に変わる学びを、あなたに。

スクールカラー

スクールカラー

兵庫大学・兵庫大学短期大学部のスクールカラーは、萌黄色です。キャンパスに溢れる若葉のイメージが、未来に向かって明るく邁進している兵大生の姿と重なることから、スクールカラーを萌黄色に決定しました。

学歌

学歌である「兵庫大学の歌」は1998(H10)年に公募し、全国から集まった157点の中から選ばれました。


        兵庫大学の歌
        ~未来を求めて~

        作詞:滝田 常晴 
        作曲:湯山 昭

        一 何を求めて 人は生きるか 
          かざす光を 探し求めて
          印南野に 流れる風に
          誰かがたしかに 呼んでいる
          きみがいて ぼくがいて
          新しい 未来を拓く
          新しい 未来を拓く

        二 夢があるから 星はきらめく
          交わすことばを 探し続けて
          はてもなく ひろがる空に
          未来はたしかに 呼んでいる
          きみがいて ぼくがいて
          新しい 世紀を創る
          新しい 世紀を創る
         
          兵庫大学
          きみがいて ぼくがいて
          新しい 世紀を創る
                

楽譜

JASRAC許諾第E1503173163号
JASRAC許諾第E1503173163号

■問い合わせ先
学長室  TEL. 079-427-9551  FAX. 079-427-9552