English

兵庫大学 兵庫大学短期大学部

ホーム > 教育・研究・附置機関 > 附置機関 > メディカルシミュレーションセンター

メディカル
シミュレーション
センター

メディカルシミュレーションセンター

メディカルシミュレーションセンターのお知らせ一覧へ

2017.03.28
兵鸞会 生涯学習講座「看護師のためのタスクトレーニング」実施しました。
2016.12.06
高砂市民病院 新人看護師「シミュレーショントレーニング研修」を開催しました
2016.09.29
9月25日(土)「シナリオベーストレーニング研修」を開催しました。

センター長メッセージ

医療専門職者等、地域の住民の方々にシミュレーション教育の機会を提供いたします

「メディカルシミュレーションセンター」は、救急対応など医療技術のブラッシュアップを希望する医療専門職者等を対象として、シミュレーション教育システムを用いたトレーニングの機会を提供し、再び地域医療の担い手として送り出すことを目的としています。
介護経験または育児経験への支援に必要なトレーニングを、地域の住民の方々にシミュレーション教育で行います。

メディカルシミュレーションセンター長 新田 幸子

地域医療福祉研修センター長 長尾 光城

メディカルシミュレーションセンターの施設について

メディカルシミュレーションセンターには「シミュレーションルームA・B」や「ナースステーション」等があります。これらの部屋からシミュレーション風景を観察、収録・配信できるモニタリングシステムが整備されています。「ディブリーフィングルーム」でシミュレーション後の『振返り』や講義を含めた『ディスカッション』を行うためのプロジェクター、電子黒板等のICT機器を整備しており、オペレーションルームは、学習者の様子が画面から見られ、カメラの切り替えで同時に見る箇所の設定が可能です。

シミュレーションルームA・B/オペレーションルーム

「シミュレーションルームA・B」「オペレーションルーム」には、ネットワーク対応型のカメラとマイクを設置し、「ナースステーション」や「ディブリーフィングルーム」等から受講生のシミュレーション風景を観察することができるだけではなく、シミュレーションモニタリングシステムにより収録・配信することが可能である。収録したシミュレーション風景は、ディブリーフィング時に受講者が自己のパフォーマンスを客観的に『振返る』ことでブラッシュアップされ、その後の「ディスカッション」にも活用される。

シミュレーションルームA・B
オペレーションルーム

ナースステーション

「ナースステーション」では、シミュレーションルームからナースコールでの連絡が可能であり、「シミュレーションルームA・B」「ディブリーフィングルーム」等でのシミュレーション風景をリアルタイムで確認することができ、臨床現場同様によりリアルなシミュレーションを行うことができる。

ナースステーション

ディブリーフィングルーム

「ディブリーフィングルーム」では、シミュレーション教育において不可欠な手段であるディブリーフィングを行う。ディブリーフィングでは、プロジェクターや電子黒板等のICT機器を活用し、シミュレーションモニタリングシステムに蓄積されたシミュレーション風景を基に、受講者の行ったケア、立ち居振る舞い、その際の患者の反応等を『振返り』、その後の『ディスカッション』を通じ自己の行動を客観視し、その中から『気づき』を導く。ICT機器を活用したディブリーフィングにより、シミュレーションという仮想現実性から得た受講者の体験・気づきを、臨床現場という現実性へつなげることができる。

ディブリーフィングルーム

■お申込方法について

下記の地域医療福祉研修センター施設等貸出規程および施設使用料をご確認いただき、利用申請前に実施する研修の日時・目的・内容などをご連絡ください。ご利用可能な場合にHPより地域医療福祉研修センター利用申請書をダウンロードしていただき、郵送にてお送りいただきます。
利用申請書の提出をもちまして、ご予約確定とさせていただき、利用料振込についてのご案内を郵送いたします。 なお、施設・設備貸出は学内行事を優先させていただきます。

■メディカルシミュレーションセンター

17号館 キャンパスマップはこちら
利用時間 月〜金 9:00〜17:00
  土 9:00〜16:30
問い合わせ 月〜金 9:00〜17:00
TEL(直通) 079-427-9531
FAX 079-427-9532
E-mail c-nurse@hyogo-dai.ac.jp

教育・研究・附置機関

メディカル
シミュレーション
センター

付置機関一覧へ