ホーム > 社会貢献・生涯学習 > 学内コンペ PBLグランプリ

学内コンペ PBLグランプリ

学内コンペ PBLグランプリ

学内コンペ PBLグランプリ

PBLグランプリ概要

PBLとは

PBLとは「Project-Based Learning」を略したもので、「課題解決型学習」と訳されています。
学生が答えが一つに決められていない課題を解決する経験を通し、課題解決を目的にチームで知恵を出し合う学び方で、北米の大学で開発されました。文部科学省は、大学教育改革のためにアクティブ・ラーニングを推奨しており、その一環として課題解決型学習をあげています。
PBLは課題(問題)が学びを駆り立てる学習であり、そこでは、学生は知識を得る前に課題を与えられます。従来の知識の暗記にみられる受動的な学習方法から脱却し、自ら問題を発見し解決していく能力を身につけていくことを目標とします。

PBLグランプリとは

PBLグランプリは、正課、正課外を問わず、近隣の自治体や団体等と連携して、学生が意欲をもって主体的に地域での課題の発見と探求、解決への実践活動をすることで地域も活気づく学習(PBL型学習活動)の取組を表彰します。本学の質保証にもつながるPBL型学習活動の推進することを目的としています。