ホーム > 社会貢献・生涯学習 > 社会貢献・生涯学習からのお知らせ > 防災フェスタ2019に学生が参加

社会貢献・生涯学習からのお知らせ

社会貢献・生涯学習からのお知らせ

2019.11.07

防災フェスタ2019に学生が参加

11月4日(月)、加古川市内の商業施設・ニッケパークタウンで開催された「防災フェスタ2019」に、兵庫大学の学生がステージで防災に関するダンスや手遊び、また、『加古川市協働のまちづくり推進事業補助金助成事業 大型カルタ大会』を披露しました。
こども福祉学科の学生約30名が、子どもたちの大好きなキャラクターに扮装し、防災にちなんだダンス『防カル君体操』や『パプリカダンス』、手遊び『三台の消防車』を披露した後は、子どもたちに向けて、『大型カルタ大会』を開催。
ぼう1.jpg ぼう3.jpg
ダンスの振り付けも大型カルタも全て学生たちの手作りで、この日のために、全10回も練習を重ね、本番に臨みました。

▼防カル君体操 (このダンスの歌詞曲、振付は本学教員が行っています!)

中心学生となった塩谷さん(こども福祉学科4年生)は、「初めて参加するフレッシュなメンバーもいたので、明るく、楽しく、元気よく、とても雰囲気が良かったです。それぞれの学生に役割があり、責任感を持って動いてくれていた。こんなに多くの学生が集まり、1つの企画を作り上げる経験は、とても貴重だと思うので、今後もこのような経験を増やしていきたい。」と感想を述べました。

最後に主催者である、加古川市消防本部の方に防災カルタをプレゼントしました。
ぼう4.jpg ぼう2.JPG

屋外では、加古川市婦人会のカルタ大会も開催し、約90名の参加がありました。
karu2.jpg karu1.jpg
戻る