健康科学部

栄養マネジメント学科

人々に職を通して健康の喜びを
伝える管理栄養士。
現代の暮らしと密接に関係する
必要不可欠な仕事です。

病院・事業所・学校・スポーツ施設などの
栄養管理や食品商品開発など世の中の職を支える
プロフェッショナルを育てる。

Movie

栄養マネジメント学科紹介ムービー

兵庫大学ならではの強み

教員が在学中の個々の学生に対しきめ細かにサポートする。

教員が在学中の個々の学生に対しきめ細かにサポートする。

「チューター制度」によって学生たちに教員がつき、学生生活4年間での不安や疑問について相談・解決しやすい環境を整えています。また、管理栄養士の国家試験合格に向けた受験対策や勉強方法などもアドバイスし、徹底した指導を行っています。

管理栄養士として多彩な分野で活躍する人材を育成。

管理栄養士として多彩な分野で活躍する人材を育成。

スポーツ分野の栄養指導、医療現場での栄養療法、企業の食品開発など、栄養のプロとして幅広く活躍する人材を輩出しています。1年次に卒業生を招いた講演形式の授業を行い、管理栄養士として活躍する先輩方の話を聞くことで、早期から仕事のイメージを持ってもらいます。

「栄養」に関する専門家として幅広い分野で活躍する人材を育成。

「栄養」に関する専門家として幅広い分野で活躍する人材を育成。

栄養マネジメント学科は就職率100%なだけではなく、卒業生の多くが資格を活かした専門職に就職していることが特長です。1年次から管理栄養士の仕事について深く知る機会を設け、専門職としての自覚を持てるよう指導しています。

将来を見据えてキャリアを積む
3コース制一覧

食品コース

食品コース

管理栄養士の知識や技術を活かして、食品業界で活躍できる専門職をめざします。食材の特性を活かしたメニューや商品開発などの企画・提案ができるスキルを身につけます。実際に、食品会社の商品開発に携わる機会もあります。

スポーツ・食育コース

スポーツ・食育コース

スポーツをはじめ、各分野での食育指導ができる管理栄養士をめざします。本コースでは、栄養生理学の知識を修得し、スポーツ現場で必要となる栄養サポートと食事指導の力を身につけます。また、地域の小中学生を対象とした食育活動を通して、プログラムの企画・運営、子どもたちやその保護者への指導方法について学ぶことができます。

臨床栄養コース

臨床栄養コース

病院や福祉施設で働く管理栄養士を目指します。学内のメディカルシミュレーションユニットという病院を再現した施設での実習や健康教室のスタッフの他、他大学ではあまり実施されていない病院見学など本学独自のカリキュラムがあります。

徹底した実習指導で現場での経験を
確実に自信へつなげる

本学では、学生が安心して実習に臨めるように献立作成、症例検討などの事前指導を行います。さらに実習後には報告会を実施し、実習内容の振り返りを行うとともに他の学生の実習内容を共有することで幅広い視野を持てるようにしています。

学内外の講師による手厚いサポートで
国家試験合格を目指す

1年次から基礎を積み上げ、3年次からは栄養士実力認定試験の得点力アップを目標に、試験慣れと勉強法を身につけます、4年次からは2ヶ月に1回の模試を導入し、その結果をもとにチューター面談を行っています。チューター面談では、個々の弱点を見つけ次回の模試に向けた学習プランを作成します。国家試験直前には、外部講師を招いて総復習を行い、国家試験に向けた準備を整えます。その他にも、教員が定期的に勉強会を開催したり、学生一人ひとりの悩みに寄り添いながら、合格に向けたサポートを行っています。

拓かれるプロフェッショナルへの道

管理栄養士(病院・福祉など)

管理栄養士(病院・福祉など)

病院における管理栄養士は、給食部門では病院給食の献立作成や調理を、臨床部門では患者様の栄養状態を判定・計画する栄養管理計画書の作成や栄養指導などを行います。また、福祉施設では、利用者様への食事提供と栄養ケア・マネジメントなどが主な仕事になります。

高齢化が進み、生活習慣病になる人も増加の一途をたどるといわれる現代の日本においては、人々の健康をサポートする管理栄養士の需要がさらに高まっています。また、最近は美容や健康に対して気を遣う人も増えており、今後も多岐にわたる活躍が期待されます。

栄養教諭(学校・幼稚園など)

栄養教諭(学校・幼稚園など)

小中学校などに勤務し、学校給食の管理や児童・生徒を対象に食や栄養に関する指導を行います。主に、学級活動や授業などの場で集団に対して指導を行いますが、偏食傾向、肥満傾向、食物アレルギーなどがある生徒については、個別に指導やアドバイスを行うこともあります。

近年の食育や食の安全への関心の高まりに伴い、児童や生徒の発育において、栄養状態の管理、改善をめざして2005年に新設された比較的新しい職種です。高い専門性を証明できるので、教員として以外にも、さまざまな場での活躍のチャンスがあります。

食品企業(衛生管理・商品開発など)

食品企業(衛生管理・商品開発など)

消費者に安心・安全な製品を届けるため、製品の栄養成分の分析、食中毒等の原因となる細菌が混入していないかを確認するための細菌検査など、さまざまな分析や検査を行います。また、従業員への衛生面に関する指導や製造環境の向上にむけた改善などを行います。

各種メーカーなど食品生産を行う会社において、重要な役割を担う不可欠な仕事です。お客様や社会から品質に対する信頼を損なうことは、経営の大きなリスクとなっており、今後、品質管理の重要性はさらに高まっていくと考えられます。

カリキュラム

Curriculum

アドミッション・ポリシー
(求める学生像)

  • 食と健康に強い関心を持ち、積極的な学習意欲のある者
  • 将来は栄養学分野において指導的役割を担い社会に貢献する意欲のある者
  • 他者との協働を通じて自己成長を図り、課題に取り組もうとする意欲のある者
ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーはこちら
栄養マネジメント学科長 増村 美佐子教授

「食」を通して人々の健康と
生活の質を向上させることが
できる専門家を育てます。

管理栄養士は、食を通じて赤ちゃんから高齢者までの幅広い年齢層や疾病者の栄養を管理する仕事を行います。その職域は、保育園、学校、病院、高齢者施設、食品会社など幅広いため、年齢層、病気の特徴、食品の知識、栄養マネジメント力が必要になります。栄養マネジメント学科では、講義、実習、食育ボランティア活動を通じて質の高い知識・技術、現場での実践力を身につけた、食と栄養の専門家を育てます。

栄養マネジメント学科長 増村 美佐子教授