ホーム > 総合案内 > 広報・ニュースリリース > 2020年の開設に向け看護学研究科看護学専攻(博士前期課程・博士後期課程)を設置認可申請中

広報・ニュースリリース

広報・ニュースリリース

2019.07.12

2020年の開設に向け看護学研究科看護学専攻(博士前期課程・博士後期課程)を設置認可申請中

 現在、超高齢社会の到来による人々の生活基盤と疾病構造の変化、医療の急速な進歩、地域包括ケアに対応した新しい視点としての地域医療など、看護を取り巻く環境は著しく変化しています。
 本学では、超高齢社会とともに訪れる多死社会において、より一層複雑化、多様化する住民ニーズに対して、住民のQOL並びにQODD(Quality of Dying and Death)の向上を目指し、そのために保健医療・福祉や関連する学際分野の学問から創出した「看護の知」を活用し、看護実践ができる高度看護専門職者、また、深い専門的な知識と卓越した実践能力を有し、且つ看護活動を科学的かつ客観的に捉える研究的視点を持ち、「看護の知」を自ら開拓することができる、高度看護専門職者、看護教育者及び看護研究者を育成するため、看護学研究科看護学専攻(博士前期課程・博士後期課程)を2020年4月に開設予定です(設置認可申請中)。

看護学研究科チラシ
戻る