教員紹介

教員紹介

現代ビジネス学部 現代ビジネス学科

岡本 洋之Okamoto Hiroyuki

職名:
准教授
専門:
比較教育学(思想史的アプローチ)、比較文化論
学歴・学位 大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程(教育学専攻)単位取得満期退学。
文学修士
所属学会 日本教育学会、日本比較教育学会、教育史学会、関西教育学会、日英教育学会、東北亜細亜文化学会(本部・大韓民国)、関西大学教育学会、大阪市立大学教育学会
主な教育研究業績 「研究ノート・つくられた郷土史-雑誌『諫早史談』と教育-」(『年報・教育の境界』第10号、近刊)
School Culture from Abroad Which Appeared in Revitalizing a Region:The Western Style Uniform of Schoolgirls in 1920s' Isahaya Town, Nagasaki. Proceedings of the 8th Biennial International Conference of the Comparative Education Society of Asia(CESA)2012, 電子版。
「コリアンが21世紀の人類に問いかけるもの-サハリンで考えたこと-」(金蘭美・韓国語訳、『トンイルニュース』web版、2012年8月27日。のち原文は『人権と生活』第35号(同年11月)に再掲)
「研究ノート・服装から日本の教育文化の深層を探る-セーラー服を結界と考える試みと今後の課題-」(『年報・教育の境界』第9号、2012年3月)
「永井隆はなぜ原爆死が神の摂理だと強調したのか?-『ケガレ』から考える試み-」(『教育科学セミナリー』第42号、2011年)
「多弁の異端児、黙して去る-日本の自由大学運動に影響を与えた英国人、M・E・ポールの長崎居留地生活(1896~99)-」(『東北亜文化研究』第12集、2007年)
『職員室の社会心理-学校をとりまく世間体の構造-』(共著、ナカニシヤ出版、2000年)
主な社会活動 兵庫県在日外国人教育研究協議会(兵庫県外教)サポーター
大阪私学教育情報化研究会(おおさか私学ネット)研究協力者
お役に立てること 同和教育・人権教育、総合学習のあり方を、小・中・高の先生方や保護者の方とともに考えたいと思っています。
戻る