教員紹介

教員紹介

高等教育研究センター

山崎 博敏Yamasaki Hirotoshi

職名:
教授
専門:
教育社会学、高等教育研究
学歴・学位 広島大学教育学部教育学科卒業
広島大学大学院教育学研究科教育学専攻博士課程前期修了
広島大学大学院教育学研究科教育学専攻博士課程中途退学
博士(教育学)
所属学会 日本教育社会学会、日本高等教育学会、日本教育学会
主な研究テーマ 高等教育組織の社会学
高等教育の研究機能
学校教員の需要と供給
学校・学級規模と指導方法,学力など
主な教育研究業績 ・「大学の学問研究の社会学」 山崎博敏 東洋館出版社 (1995年) 
・「学級規模と指導方法の社会学ー実態と教育効果」 山崎博敏(編著)東信堂 (2014年) 
・「教員需要推計と教員養成の展望」山崎博敏 協同出版 (2015年)
・「高等教育システムの組織社会学的分析視角」山崎博敏 『大学論集』第14集,111-132頁(1985年)
・「私立高等教育機関の組織変化のパターンとその要因」山崎博敏『教育学研究』第56巻第2号,11-18頁(1989年)
・「大学におけるティーチングの組織論的文脈」山崎博敏『大学論集』第13集,103-121頁, (1984年)
・「アメリカの州立大学における教育評価:大学・州・全国レベルでの機構」山崎博敏『大学論集』第32集, 133-148頁, (2002年)
・「学級規模と指導方法が小学生の学力に及ぼす影響:共分散構造分析とマルチレベルモデル分析の適用」山崎博敏・水野考・藤井宣彰『広島大学大学院教育学研究科紀要第三部』第58号,9-16頁,(2010年)
・「小学校から中学校2年生までの児童生徒の学力の変化-3時点の学力調査データを連結したパネルデータ分析の試み」山崎博敏『中央調査報』No.674,1-5頁(2013年)
主な社会活動 ・文部科学省「全国的な学力調査の実施方法に関する専門家会議」委員(2005-06年)
(後継の会議を2015年3月まで歴任)
・文部科学省「国立の教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議」委員(2016-17年)
・大学評価・学位授与機構「大学機関別認証評価委員会」専門委員(2008-9年)
・大学基準協会「大学評価委員会現代社会学系専門評価分科会」委員(2007-8年)
お役に立てること 高等教育のほか、学校教員需要の推計、初等中等教育では地方自治体や学校の学力調査の分析や活用についても声をかけていただければ幸いです。
戻る