新型コロナウイルス感染症に関する特設ページ

詳細はこちら

更新日:2022.09.28

兵庫大学 兵庫大学短期大学部

ホーム > 学部学科・大学院 > 看護学部 > 看護学科 > お知らせ > 【看護学科】母性看護学実習を行いました

看護学科からのお知らせ

看護学科からのお知らせ

2022.02.04

【看護学科】母性看護学実習を行いました


母性看護学実習は、学内実習、病院実習、地域母子支援施設実習の3つに分かれています。
コロナウイルス感染拡大に伴い、病院実習に行くことが難しい状況にありますが、一方で地域母子支援施設への実習は全員が実施できています。

病院実習ができない場合には、病院実習と同等の実習を地域医療福祉研修センターにおいてシミュレーション実習をしています。

このシミュレーション実習では、新生児のバイタルサイン人形を使い、模擬褥婦を教員が担当して実施しています(写真1)。 また、学生は指導案とパンフレットを作成して、沐浴指導(写真2)や退院指導を実施しています。
学生の実習後の感想では、「先生が母親を演じ、本当の母親と話しているみたいで勉強になった。」 「シミュレーションでは母子の相互作用についての理解が一層深まった。」などが語られ、実習の成果が出ています。

地域母子支援施設は、4か所の助産院、2か所の母子支援センターで実習をしており、地域で生活する母子への支援を学んでいます。
学生は「病院から地域に帰った後、困ったことがあっても母親が孤独にならない支援が必要である。」など、 退院後の母子及び家族支援のイメージが具体的になり、貴重な学びとなっています。


(写真1)
0204K1.jpg

(写真2)
0204K2.jpg 0204K3.jpg
戻る