ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1011 万葉のこころー万葉の相聞・愛の歌ー

講座

講座

No.1011 万葉のこころー万葉の相聞・愛の歌ー

万葉のこころ.jpg
「相聞」とは、本来、相手の様子を尋ね、消息を通じ合う意ですが、万葉集では、特に男女間の恋の歌に用いられています。また、親子、兄弟姉妹、知友の間の愛の歌も含まれています。皇族から庶民に至るまでの様々な歌について、そのひたむきな心と美しいことばを読み味わいます。

目標・メッセージ

万葉人たちの真率な心情や洗練された表現などを読み味わい、人の熱い思いや、こまやかな心遣いなど豊かな情緒を養いましょう。

講師・略歴

1953年 大阪大学文学部国文学科卒業
1957年 大阪大学大学院修士課程修了(大阪大学では犬養孝先生に学ぶ)
1953年 伊丹市立高等学校教諭
1959年 兵庫県立西宮高等学校教諭
1974年 兵庫県教育委員会 指導主事
1982年 尼崎市教育委員会 教育次長
1984年 兵庫県立鈴蘭台西高等学校 校長
1986年 兵庫県立神戸高等学校 校長
1990年 啓明女学院 校長
1998年 いなみ野学園 講師
2000年 勲四等瑞宝章受章 
現在 兵庫県公立高等学校退職校長会 顧問
共著 「読解を大切にする体系古典文法」

日程

4/12,4/26,5/10,5/24,6/7,6/21
14:40~16:10

プログラム(演題)

第1回:皇子・皇女をめぐる愛の歌
第2回:名門貴族をめぐる愛の歌
第3回:宮廷人の愛の歌
第4回:古今相聞往来の歌(上)
第5回:古今相聞往来の歌(下)
第6回:東国の人々の愛の歌

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30人
受講料
7,740円
戻る