ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1121 紐解き『源氏物語』~宇治十帖~

講座

講座

No.1121 紐解き『源氏物語』~宇治十帖~

『源氏物語』について、光源氏や彼を取り巻く女君たちの姿を通して、「男とは」「女とは」「人間とは」何かを、時代の背景等も視野に入れながら 読んできました。いよいよ光源氏亡き後、宇治を舞台に子どもや孫たちの世界を描く「宇治十帖」を読んでいきます。出生に秘密を持つ薫の君 や華やかな貴公子匂宮と宇治の姫君たちの恋模様を「女の」物語としての『源氏物語』という観点も持ちながら読み進めます。

目標・メッセージ

都から離れた宇治を舞台に繰り広げられる男と女の世界は、古今東西変わらぬ永遠の課題!「女」としての思いは現代人にも通じるの?

講師・略歴

兵庫県立高等学校教諭を経て、県立夢野台高等学校校長、
兵庫県いなみ野学園副学園長等。

日程

5/12,5/26,6/9,6/23,7/7,7/21
14:40~16:10

プログラム(演題)

第1回:「匂兵部卿」「紅梅」「竹河」 -光源氏亡きあとの残された人々-
第2回:「橋姫」 (1) -宇治の八の宮-
第3回:「橋姫」 (2) -宇治の姫君たちと薫の君-
第4回:「椎本」「総角」 -匂宮も宇治へ 八の宮死去-
第5回:「総角」 -匂宮、中の君と契る 大君死去-
第6回:「早蕨」 -中の君、二条院へ-

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30人
受講料
7,740円
戻る