ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.3062 国際会計の必要性と統合報告の役割期待

講座

講座

No.3062 国際会計の必要性と統合報告の役割期待

国際会計.jpg
国際会計は、グローバルに事業展開をして、かつ証券市場に上場している、この2つの要件を満たす企業グループが使用する複雑で高度な会計を指します。確立された世界標準ルールとして、国際会計基準(IFRS)が承認されています。しかし、IFRSは国際的政治的産物でも有り、短所と限界もあります。IFRSのルール自体に欠陥があったため、金融危機が生じたと考えられ、現在、事業活動の新たな報告のあり方が模索されています。※企業や官公庁にお勤めの方(退職の方)は、ご自身の「組織の事業内容」を外部に説明している「報告書類」をご持参下さい。

目標・メッセージ

組織の事業活動力の源泉である資本(capital)概念とcapital提供者であるステークホルダー概念について、財務的資本のみならず他のcapitalを認識する必要性を探ってもらいたい。

日程

6/1,6/8,6/15,6/22,6/29,7/6
18:00~19:30

プログラム(演題)

第1回:国際会計の生成基盤と会計基準の世界標準化をめぐる議論
第2回:国際会計基準(IFRS)の概念フレームワークの概説
第3回:IFRSの限界と統合報告という新たな視点、Corporate Governanceのとらえ方
第4回:統合報告(Integrated Reporting)とは何か、capitalとstakeholderのとらえ方
第5回:統合報告書(Integrated Report)の作成および利用の効果(outcome)
第6回:統合報告の事例研究

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30人
受講料
7,740円
戻る