ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1101 紐とき『源氏物語』-光源氏と取り巻く女君たち(花宴から関屋)-

講座

講座

No.1101 紐とき『源氏物語』
-光源氏と取り巻く女君たち(花宴から関屋)-

目標・メッセージ

日本の古典の代表『源氏物語』が書かれてから、千年余が経ちました。この物語が千年もの時を越えて、私たちを魅了するものは何か。 光源氏と彼を取り巻く女君たちの姿を通して、答えを探してみましょう。
『源氏物語』の登場人物の生き方を知るとともに、その時代の背景や文化に注目し、日本の伝統文化への思いも新たにしましょう。

☆受講者特典☆日本の古典を読む(9)源氏物語 上(小学館)をプレゼント

講師・略歴

西中 裕子 (兵庫県いなみ野学園元副学園長)
兵庫県立高等学校教諭を経て、県立夢野台高等学校校長、兵庫県いなみ野学園副学園長等。

紐とき『源氏物語』<br/>-光源氏と取り巻く女君たち(花宴から関屋)-

日程

第1回  10/2(金)
第2回  10/16(金)
第3回  10/30(金)
第4回  11/13(金)
第5回  11/27(金)
第6回  12/11(金)
第7回  12/18(金)
第8回  1/8(金)
第9回  1/22(金)
第10回  2/5(金)
第11回  2/19(金)
第12回  3/4(金)

14:40~16:10

プログラム(演題)

第1回  謎の女性・朧月夜との出会い-不遇への出発点(花宴)
第2回  「 車争い」と六条御息所( 葵)
第3回  葵上の出産と死、紫の上の結婚 (葵)
第4回  六条御息所の伊勢下向 (賢木)
第5回  藤壺の出家と朧月夜との関係発覚 (賢木)
第6回  花散里との再会( 花散里)
第7回  須磨への退去( 須磨)
第8回  須磨のわびしい生活( 須磨)
第9回  明石の君との出会い (明石)
第10回 光源氏の帰京と権勢回復 (澪標)
第11回 明石の姫君誕生と六条御息所の娘(前の斎宮)( 澪標)
第12回 末摘花や空蝉との再会( 蓬生、関屋)

会場
13 号館エクステンション・カレッジ棟
定員
30人
受講料
15,480 円
戻る