ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1181 フランクルの人生論(2)-寄る辺なき苦悩の時代に、それでも人生にイエスという-

講座

講座

No.1181 フランクルの人生論(2)
-寄る辺なき苦悩の時代に、それでも人生にイエスという-

目標・メッセージ

東日本大震災以降、じつに多くの方々が自らの心の拠り所を喪失されて、どのような思いでこれから生きてゆけばよいのか、途方に暮 れておられます。大震災以降、心が不安定になる人々が増えたことを様々な方面から聞き及ぶにつけ、長らく研究してきたフランクルの 思想から鼓舞された自らの経験を踏まえて、フランクルの考え方や生き方をわかりやすく伝えたいという思いが日増しに強くなってき ました。苦悩に耐えるなかで、それにもかかわらずフランクルが提唱するロゴセラピーの思想を基盤とした心の在り方の可能性につい て、より多くの人々に知っていただきたいと考えて、本講座を設定しました。
前回の講座ではフランクルのロゴセラピー一般について考えましたので、今回は、いかにフランクルの思想が宗教と関連して いるかをわかりやすく解説します。

☆受講者特典☆フランクル人生論入門(新教出版社)をプレゼント

講師・略歴

廣岡 義之 (神戸親和女子大学 発達教育学部 児童教育学科 教授)
1985年、旧西ドイツ テュービンゲン大学 教育学科に留学。1年間、ボルノー教授に師事する。
1988年、関西学院大学大学院文学研究科博士課程(教育学専攻) 単位取得満期退学。
1997年、「ボルノー教育学研究」で、博士(教育学)を取得。
2014年、神戸親和女子大学 発達教育学部児童教育学科の教授に就任、現在に至る。 
著書
①単著、『ボルノー教育学研究 上・下巻̶21世紀の教育へ向けての提言̶』、創言社、1998年。
②単著、『フランクル教育学への招待』、風間書房、2008年。
③単著、『ボルノー教育学入門』、風間書房、2012年。
翻訳
①V.E.フランクル著、山田邦男監訳、共訳:『制約されざる人間』第三章担当、春秋社、2000年。

日程

第1回 2/27(土)
第2回 3/19(土)

13:00~16:10(2時限連続)

プログラム(演題)

第1回 フランクルの人間形成論
第2回 人生の意味と神
第3回 イエスとロゴセラピー(1)
第4回 イエスとロゴセラピー(2)

会場
13 号館エクステンション・カレッジ棟
定員
30人
受講料
5,160円
戻る