ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.2081 革命家「孫文」‐その時代と21世紀からみる歴史的評価‐

講座

講座

No.2081 革命家「孫文」
‐その時代と21世紀からみる歴史的評価‐

目標・メッセージ

神戸との関係が深い(來神18回)中国の革命家「孫文」の波瀾に満ちたその時代と、彼の歴史的評価について21世紀段階からとらえな おします。孫文は90年前の1925年に亡くなりましたが、その影響は今日まで続いています。また来年生誕150年になりますが、孫文を 通して世界と日本とのかかわりを考えるきっかけにできればと思います。
20世紀の中国の歩みを、グローバルな視点から、そして神戸という街を通して、孫文という歴史的人物に即して具体的に考え たいと思います。

講師・略歴

愛新 翼(孫文記念館 館長)
斎藤 正寿(兵庫大学こども福祉学科准教授)
蒋 海波(孫文記念館研究員)
陳 來幸(兵庫県立大学経済学部教授・神戸華僑歴史博物館副館長)
安井 三吉(神戸華僑歴史博物館研究室長・神戸大学名誉教授・孫文記念館名誉館長)
西村 成雄/村田 省一(放送大学客員教授・孫文記念館副館長/孫文記念館研究員)

日程

第1回 10/13(火)
第2回 10/20(火)
第3回 10/27(火)
第4回 11/10(火)
第5回 11/17(火)
第6回 11/24(火)

14:40~16:10

プログラム(演題)

第1回  愛新 翼 : 中国近代化過程における孫文の影響
第2回 斎藤 正寿 : 孫文が生きた19世紀後半~20世紀初頭の国際社会を俯瞰する
第3回  蒋 海波 : 孫文と神戸華僑社会
第4回  陳 來幸 : 孫文とグローバルネットワーク
第5回 安井 三吉 : 20世紀中国のなかの孫文の活動とその評価を考える
第6回 西村 成雄/村田 省一 : 孫文記念館参観―孫文イメージの可視化へ(現地集合・現地解散)

会場
13 号館エクステンション・カレッジ棟
定員
30人
受講料
8,000円※ 孫文記念館の入場料込
戻る