ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.3111 失敗学シリーズ‐根本原因と真の再発防止、そしてその対策の抽象化‐

講座

講座

No.3111 失敗学シリーズ
‐根本原因と真の再発防止、そしてその対策の抽象化‐

目標・メッセージ

失敗学会の成り立ち、失敗の本質、ヒュ-マンエラーの特徴、根本原因の究明、“事故調”の限界、ドラッカーの経営マネジメントと失敗、 雪印グループの牛乳食中毒・牛肉産地偽装、福知山脱線事故、ITプロジェクト失敗とマンダラの活用、失敗事例情報の創造的活用のし くみ、失敗学の将来像等について解説します。
失敗や事故事例を掘り下げて失敗や事故の本質を学び、真の再発防止策や失敗を創造的に生かす力を共に考えましょう。

講師・略歴

●大澤 勲 (失創研究所(FCL)代表・特定非営利活動法人 失敗学会 会員・ウエイブソアリング飛騨(飛行クラブ)副代表、主任教官)
●岡田 敏明 (㈱システムユニ 代表取締役・愛媛大学工学部非常勤講師・特定非営利活動法人失敗学会 会員)
●平松 雅伸 (ジャパンコンポジット株式会社 本部長付き・特定非営利活動法人 失敗学会 理事、大阪分科会会長)
●佐伯 徹 (関電システムソリューションズ株式会社アシスタントマネジャー・特定非営利活動法人 失敗学会 会員)
●飯野 謙次 (東京大学学術支援専門職員・特定非営利活動法人 失敗学会 副会長・事務局長)

日程

第1回 10/17(土)
第2回 11/14(土)
第3回 12/19(土)
第4回 1/23(土)
第5回 2/20(土)
第6回 3/12(土)

10:40~12:10

プログラム(演題)

第1回 大澤 勲  : 失敗学概論(失敗学とは、失敗の本質、ミスとエラー、根本原因の究明)
第2回 岡田 敏明 : 事例分析と対策例1(ドラッカーマネジメントと失敗学)
第3回 平松 雅伸 : 事例分析と対策例2(雪印乳業の失敗と再生の教訓)
第4回 大澤 勲  : 事例分析と対策例3(福知山脱線事故の原因と対策)
第5回 佐伯 徹  : 事例分析と対策例4(ITプロジェクト失敗とマンダラの応用効果)
第6回 飯野 謙次 : 創造設計(失敗事例情報の創造的活用、失敗学の将来)

会場
13 号館エクステンション・カレッジ棟
定員
30人
受講料
7,740円
戻る