ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.9007 「災害ボランティアの課題とボランティアを支える仕組み」

講座

講座

No.9007 「災害ボランティアの課題とボランティアを支える仕組み」

災害時に欠かせないのが「災害ボランティア」。
ボランティアは無報酬が原則です。しかし、東日本大震災など被災地支援が長期化し、遠距離の場合など活動にも経費が嵩みます。
日本では確立されていないボランティアを支える仕組みなど、災害ボランティアを取り巻く課題について語ります。

※こちらの講座はボランティアセンター研修会での講演になります。

目標・メッセージ

「災害ボランティア」の現状を学び、ボランティアを支える仕組みをみんなで考えましょう。

講師・略歴

ひょうごボランタリープラザ災害支援アドバイザー
「災害ボランティア割引制度」を実現する会代表世話人

兵庫県警察本部入職後、知事部局勤務。
1995年、阪神・淡路大震災兵庫県災害対策本部報道を担当し、その後神戸県民局生活担当参事などを経て、2005年兵庫県社会福祉協議会ひょうごボランタリープラザ所長代理に就任。
2009年に兵庫県を退職し、2014年からひょうごボランタリープラザ災害支援アドバイザーとして活躍中。

日程

平成28年3月19日(土)

【開講時間】14:00~15:30

会場
13号館エクステンション・カレッジ
定員
50名
受講料
無料
戻る