ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1071 『日本書紀』読解から見る古代日本 ~動物にまつわる部民と王権~

講座

講座

No.1071 『日本書紀』読解から見る古代日本 ~動物にまつわる部民と王権~

『日本書紀』をはじめとして、日本古代の史料には、動物の名を冠して王権に奉仕する「部」や、それらを統括したとみられる氏族の伝承などが見られます。これらの人たちは動物と王権との関係をどのように担ったのでしょうか。講座では、各回、動物に関わる「部」を取り上げて、王権と動物との関係を探りたいと思います。

目標・メッセージ

氏族と王権の関係にとどまらず、古代人と動物とのかかわりや、それにまつわる文化なども見えてくると思います。

講師・略歴

生田敦司(大谷大学・龍谷大学 非常勤講師)

日本古代史専攻。神話・物語・系譜伝承の分析、情報学との連携・共同研究。
論文等に、「記紀の天皇に対する『祖先伝承』という視点」『日本古代の宗教と伝承』(勉誠出版、2009年)、「『日本書紀』の上毛野氏伝承」『日本書紀研究』第28冊(塙書房、2013年)ほか。

日程

11/4、11/11、11/18、11/25、12/2、12/9 (金曜日)

【開講時間】14:40~16:10

プログラム(演題)

第1回 馬養(馬飼)
第2回 猪養(猪使・猪甘)
第3回 鵜飼(養鵜・養鸕)
第4回 鳥取、鳥養
第5回 鷹甘
第6回 犬養(犬甘)

会場
兵庫大学13号館エクステンション・カレッジ
定員
30
受講料
7,740円
戻る