ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1261  「妙好人」に見る浄土真宗の悟りと実践 ~国内外の「妙好人」を中心として~

講座

講座

No.1261  「妙好人」に見る浄土真宗の悟りと実践 ~国内外の「妙好人」を中心として~

妙好人とは篤信の仏教徒を指す言葉である。特に浄土真宗の在家信者を指す。この講義では、妙好人とは何かを学ぶことをとおして、仏教が目指す悟りの世界、目覚めの世界に触れてみたい。講義では、妙好人の言葉や行動を紹介しながら、その生き方、人物像にせまる。また、近年注目される海外の妙好人にも目を向けたい。

目標・メッセージ

妙好人は仏教に深く帰依した方のことです。とりわけ浄土真宗の篤信者を指す語であります。妙好人の味わいに触れてみたいと思います。

講師・略歴

 本多 真(兵庫大学 非常勤講師)

龍谷大学大学院国際文化学研究科博士課程修了(国際文化学博士)
茶道速水流、免許「茶通箱」
書道家、塔本真に師事
浄土真宗本願寺派 恵光寺 住職

日程

11/1、11/8、11/15、11/22、11/29、12/6 (火曜日)

【開講時間】13:00~14:30

プログラム(演題)

第1回 妙好人について
第2回 岩見の才一
第3回 因幡の源左 
第4回 讃岐の庄松、六連島のお軽
第5回 播州の妙好人
第6回 海外の妙好人

会場
兵庫大学13号館エクステンション・カレッジ
定員
30
受講料
7,740円
戻る