ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.2211 希有な造船技術 ~沈まなかった狸の泥船 高砂で生まれた造船技術と共に~

講座

講座

No.2211 希有な造船技術 ~沈まなかった狸の泥船 高砂で生まれた造船技術と共に~

いなみ野学園連携 希有な造船技術.jpg
戦争は戦いのために想像出来ないことを発想するものである。大東亜戦争は資源の無い我が国が、1年間は持つとの程度で資源国の米国と戦ったのである。緒戦の半年は勝ちに勝ったが、半年を経たずして敗戦の陰が見えてきた。鉄鉱石の無い国が、鋼鉄船建造の先が見えてきたおり、石灰石の豊富な我が国はセメントがある。コンクリート造艦技術の発想である。その艦船が高砂で造られた。72年前に造られた日本海軍の鋼鉄船は存在しない。しかし、コンクリート船は今も生きている。人々を助け、町と町の交流の橋渡しになろうとしている。その真実を語る・・・・・

目標・メッセージ

コンクリート船の建造から運用そして戦後残存、安浦町と高砂市との交流

講師・略歴

上谷 昭夫

日程

2月7日 2月14日 2月21日
火曜日 13:00~14:30

プログラム(演題)

第1回 希有な造船技術 高砂で生まれた造船技術と共に
第2回 伏せられた真実 戦闘機「紫電改」に賭けた知られざる悲劇
第3回 播磨の地から沖縄に散る 祖国の存亡に必死攻撃の史実

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30
受講料
3,870円
戻る