ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1071 日本古典文学史Ⅱ―古典ってこんなに面白い―

講座

講座

No.1071 日本古典文学史Ⅱ
―古典ってこんなに面白い―

「日本古典文学史Ⅰ」に引き続き、文学史を概観しつつ、各時代の興味深い作品を鑑賞します。今回は散文作品を中心に、中世・近世の文学を取り上げます。いつの時代も変わらない人の心の動きを反映した、豊かな古典文学作品の世界を楽しみましょう。

目標・メッセージ

文学作品の紹介と併せて、作品の舞台となった土地や、装束・行事についても説明します。

講師・略歴

辻本 恭子(兵庫大学 非常勤講師)

1999年、関西学院大学大学院 文学研究科日本文学専攻
博士課程後期課程 単位取得満期退学。専攻は、中世軍記物語。
兵庫大学、関西学院大学、大阪工業大学、甲南大学、他で非常勤講師として勤務。

論文に「乳母子伊賀家長-理想化された知盛の死―」(「日本文藝研究」)、「『源平盛衰記』の住吉明神―赤山明神造形に与えた影響について―」(『軍事物語の窓』第四集 和泉書院)、 『源平盛衰記』の天武天皇関係記事―頼朝造形の一側面として―(『文化現象としての源平盛衰記』笠間書院)、 共著に『保元物語六本対観表』(和泉書院)など。

日程

① 5月 2日(水) 中世の文学①
② 5月 9日(水) 中世の文学②
③ 5月16日(水) 中世の文学③
④ 5月23日(水) 近世の文学①
⑤ 5月30日(水) 近世の文学② 
⑥ 6月 6日(水) 近世の文学③ 
 
時 間   13:00~14:30

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30名
受講料
7,740円
戻る