ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.1141 『西遊記』を読む―苦難の大旅行から痛快無比の大冒険へ―

講座

講座

No.1141 『西遊記』を読む
―苦難の大旅行から痛快無比の大冒険へ―

仏法によって中国を救うため、はるか天竺に経典を求めて旅をする三蔵法師と三人(匹?)の弟子、孫悟空・猪八戒・沙悟浄。道中、三蔵を襲う妖怪たちを孫悟空らが退治しながら天竺を目指す『西遊記』の物語は、日本でも小説・漫画・TVドラマなどになり、高い人気を誇ります。講座では、実在した玄奘三蔵の西天取経の旅がいかにして痛快無比の大冒険の物語になったのか、また師弟四人の苦難の旅の意味、『西遊記』が後世に与えた影響などについてお話します。

目標・メッセージ

小説『西遊記』の成立までの経緯や、日本への影響などについて理解し、『西遊記』の世界を楽しみましょう。

講師・略歴

田村 祐之 (姫路獨協大学人間社会学群 教授)
出身地:北海道
最終学歴:北海道大学大学院文学研究科修士課程(中国文学専攻)博士後期課程満期退学
1999年4月より姫路獨協大学外国語学部専任講師に就任
現職:姫路獨協大学人間社会学郡 教授
主な研究分野:14~16世紀の東アジア文化史

日程

① 5月24日(木) 玄奘三蔵、仏法を求めて天竺に旅立つ-史実の西天取経の旅
② 5月31日(木) 語られた西天取経の旅-『大唐三蔵取経詩話』から『西遊記』まで
③ 6月 7日(木) 『西遊記』の道のり①-孫悟空たちが三蔵の弟子となった理由
④ 6月14日(木) 『西遊記』の道のり②-妖怪たちが三蔵を狙う理由
⑤ 6月21日(木) 『西遊記』の道のり③-三蔵一行が西天取経に行かねばならぬ理由
⑥ 6月28日(木) 広がる『西遊記』物語-続編・戯曲からTVドラマまで

時 間  10:40~12:10

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30名
受講料
7,740円
戻る