講座

講座

No.2021 兵庫の庭園ものがたり

「名園必ずしも京都のみにあらず」。これは長年の庭園との係わりの中で感じてきたことです。兵庫県内にも多くの優れた庭園が存在しています。それぞれに、人が係わり、生活があり、栄枯盛衰があって、歴史の生き証人ともいえます。庭園を通じてそうした「兵庫の庭園ものがたり」を紐解いて見たいと思います。

目標・メッセージ

文化のバロメータとも言われる庭園に秘められた「ものがたり」を知り、地域を見直す材料を提供します。初級者・中級者向けに講義します。

講師・略歴

西  桂 (庭園研究家)
昭和40年 (1965) 愛媛大学卒業。同年4月より兵庫県立高校教諭。
平成12年 (2000) 県立高等学校長を最後に定年退職。
神戸市文化財審議会副委員長、兵庫大学非常勤講師等歴任。
現在、兵庫県や各府県の文化財庭園の調査や保存整備に従事。
昭和62年度(1987)「神戸史学会賞」・
平成24年度 (2012)「日本庭園学会賞」受賞。
著書に『兵庫県の日本庭園』(神戸新聞総合出版センター)2004
『日本の庭園文化 』(学芸出版社2005 他

日程

① 5月 8日(火) あの姫路城にも名園が存在していた
② 5月15日(火) 関西の別荘のさきがけとなった阪神地方
③ 5月22日(火) 塩田王や豪農家が手掛けた庭園ものがたり
④ 5月29日(火) 壊滅や崩壊寸前の庭園ものがたり
⑤ 6月 5日(火) 全国レベルの兵庫の名園ものがたり
⑥ 6月12日(火) 庭園見学「みとろ苑庭園」

時 間  14:40~16:10

会場
兵庫大学エクステンション・カレッジ
定員
30名
受講料
7,740円
戻る