ホーム > 教育・研究・附置機関 > 兵庫大学エクステンション・カレッジ > 講座 > No.3112 【オンライン】失敗学シリーズ ―事例と教訓その10―

講座

講座

No.3112 【オンライン】失敗学シリーズ
―事例と教訓その10―

ミニ失敗事例をもとにした失敗学概論に続き、様々な事例を失敗学の観点から扱い、その本質に迫ります。真の再発防止策や失敗を創造的に生かす力を共に考えましょう。 

今回から「Zoom」というアプリを利用し、対面ではなくオンラインで講座を開講いたします。
インターネット環境があるところであれば、ご自宅などで受講いただけます。


こちらのお申し込みは全6回受講用の申込みフォームです。
★各回ごとのお申込みもできます。各回のそれぞれの講座コードからお申込みください。


<申込みから受講までの流れ(②は初回のみ)>
➀ホームページからお申込み

【事務局】後日申込みのあったメールアドレス宛に兵庫大学から受講案内のメールを送ります。(メール内容は「Zoom」のダウンロードURL、視聴確認テストの日時の候補日、視聴確認テスト用のURL等を記載します。)
受講料の振込案内用紙はご自宅に郵送いたします。

②「Zoom」でのオンライン視聴確認(初回のみ)
兵庫大学から送られてきたメールを開き(※申込み完了メールとは別)、インターネットやスマートフォンから「Zoom」アプリをダウンロード。
視聴確認テスト日の指定された時間にメールに記載されている視聴テスト用のURLをクリックし、事前にオンライン講座の受講環境が整っているかの確認をしてください。(音声が聞こえるか、映像やパワーポイントが見れるかの簡単な確認です。10分ほどで確認できます。)

③受講料の支払い
振込期限内に受講料をお振込みください。

【事務局】講座開講日の2日前までに受講者に当日の資料と講習当日の「Zoom」のログインURL、ID、パスワードを登録のあるメールアドレス宛に送ります。

④資料印刷等の事前準備(必要な方のみ)
メールでご案内した講座資料などを印刷したり、講座に必要なものなど、事前準備をお願いします。(当日パワーポイントは画面に映し出されます。)

⑤講座を受講
講座開始の10分前から講座の「Zoom」のお部屋を用意しておきますので、講座開始時間までにメールに記載されているURLをクリック又はログインID、パスワードを入力し、入室してください。

講師・略歴

①佐伯 徹(株式会社日本貿易保険 内部監査グループ 情報システムアナリスト/特定非営利活動法人失敗学会 会員)
②三田 薫(公益財団法人大阪府危険物安全協会 専任講師/特定非営利活動法人失敗学会 会員)
③佐々 正光(特定非営利活動法人失敗学会 会員)
④大澤 勲(失創研究所(FCL) 代表/特定非営利活動法人失敗学会 会員)
⑤平松 雅伸(ジャパンコンポジット株式会社 生産技術本部/特定非営利活動法人失敗学会 会員)
⑥三国 外喜男(税理士法人宮田会計/特定非営利活動法人失敗学会 会員)

日程

①10月31日(土)【講座コード 9012】
(佐伯)失敗学概論~ミニ事例解説 ー失敗学ってどういうもの?/「メディア等での情報の切り取り方」についてー
②11月21日(土)【講座コード 9022】
(三田)失敗学から考えるガソリンによる重大な火災事故 ー福知山花火大会・京アニ放火爆発的火災からー
③12月19日(土)【講座コード 9032】
(佐々)最近のコンピュータ関係による事故トラブルの原因と問題点-Windows7サポート終了やオリンピック等に伴うセキュリティトラブルへの対応策は万全か?-
④1月23日(土) 【講座コード 9042】
(大澤)日本インフラの分断・混在は失敗か?成功か? -基幹エネルギー電力は50/60Hzで分断され、原子力発電は沸騰水/加圧水型と併存している。鉄道は広軌/狭軌が混在しているが…-
⑤2月20日(土) 【講座コード 9052】
(平松)2012秋の火災爆発事故、裁判所はどう判断したのか? ―被害者参加制度の運用があった。神戸地裁は、多数の死傷者の発生、事業者の過失を厳しく指摘し、初犯にも関わらず、求刑通りの刑期を言い渡した―
⑥3月6日(土)【講座コード 9062】
(三国)失敗学で街なかウォッチング ―これって危ないね。大丈夫だよ。でも何でこんなとこを。本人が気をつければ良いんだよ。それでいいの?―

時間 土曜日 10:40~12:10

プログラム(演題)

◆第1回 10月31日(土) 
【タイトル】失敗学概論~ミニ事例解説 ー失敗学ってどういうもの?/「メディア等での情報の切り取り方」についてー
【概要】
(失敗学概論)
失敗学とは?失敗とミスは違います!失敗の本質を理解し『後世へ継ぐ』ことの大切さや、失敗学会データベースの活用方法について紹介します。
(ミニ失敗事例解説 )
「メディア等での情報の切り取り方」で、見ている方の心象が良くも悪くも植え付けられてしまう。では、私達はどのような心構えでテレビやインターネットの情報から判断していくか、例題から考えていく。

◆第2回 11月21日(土)
【タイトル】失敗学から考えるガソリンによる重大な火災事故 ー福知山花火大会・京アニ放火爆発的火災からー
【概要】2013年8月福知山市の花火大会では、ガソリン携行缶の取り扱いのミスにより3人が亡くなり56人の重軽傷者が発生、また昨年7月には京都市においてガソリンを用いた放火事件によって36人もの方が亡くなり33人の重軽傷者が発生した。ガソリンなどの危険物の安全管理について失敗学の観点から学び、併せて法規制の概要を元消防官の立場から解説する。

◆第3回 12月19日(土)
【タイトル】最近のコンピュータ関係による事故トラブルの原因と問題点-Windows7サポート終了やオリンピック等に伴うセキュリティトラブルへの対応策は万全か?-
【概要】
①事故・トラブル … スマホの使いすぎによる脳の低下や目の障害、自分本位となり他人を気にしない、自治体のコンピュータ・トラブルによる住民サービスの低下、自治体でリース終了後のHDDの持ち出しとネット販売により個人情報流出などが発生している。
②犯罪 … あおり運転、ひき逃げ、賭博、高級自動車泥棒
③今後の展開 … 自動運転(レベル1~5)、災害対策用ドローン、空飛ぶタクシー・宅配、AI、教育(プログラムや英語の教育の低学年化)、ディープランニング(深層学習)、画像認識(顔、指紋ほか)、家電のコンピュータ利用による炊事・洗濯・掃除の自動化、自動翻訳機、スマート・スピーカー、共通リモコン、会話型ロボット、犬・猫など家畜の代わりとなる癒し型会話型ロボット、ドライブ・レコーダー、防犯カメラの積極利用、農業、医療判断(予防)・手術などへの応用などあらゆる分野で利用できるように各所で研究・開発中。
④問題点 … 便利にすることによる、人間としての能力の低下、注意力の欠如など様々な問題が派生して起きると思われるが、安全対策が十分に検討できているのかを予測してみます。

◆第4回 1月23日(土)
【タイトル】日本インフラの分断・混在は失敗か?成功か? -基幹エネルギー電力は50/60Hzで分断され、原子力発電は沸騰水/加圧水型と併存している。鉄道は広軌/狭軌が混在しているが…-
【概要】最重要エネルギーの電力が東西で50/60Hzに分断されていて、原子力発電は沸騰水型/加圧水型が東西で併存している。また、鉄道は広軌/狭軌がJR、私鉄、新幹線で混在し、計量はメートル法であるが、航空機運航は国内でもヤード・ポンドである。一方、自動車は左側通行(世界の少数派)で統一。日本のインフラの分断・混在は失敗?成功?規格が世界標準と統一されていた方が良いのか、違っていても良いのか?インフラの実例をもとに一緒に考えてみたいと思います。

◆第5回 2月20日(土)
【タイトル】2012秋の火災爆発事故、裁判所はどう判断したのか? ―被害者参加制度の運用があった。神戸地裁は、多数の死傷者の発生、事業者の過失を厳しく指摘し、初犯にも関わらず、求刑通りの刑期を言い渡した―
【概要】
・2012年9月、日本触媒姫路製造所のアクリル酸中間タンクが爆発火災事故を発生させた。
・異常現象~予兆の通報で出動した姫路市消防局の隊員等が、多数死傷した悲惨な結果を招いた。
・変更管理~リスクアセスメントの不足で、温度管理に失敗し、爆発に至った。
・被害者参加制度のもとに行われた裁判、神戸地裁の判決要旨と、経緯を対比させ、再度、深層要因~再発防止策の現状を考えたい。

◆第6回 3月6日(土)
【タイトル】失敗学で街なかウォッチング ―これって危ないね。大丈夫だよ。でも何でこんなとこを。本人が気をつければ良いんだよ。それでいいの?―
【概要】家庭、職場、街なかと、事件・事故が発生することに偶然はないのです。事件の当事者以外の方々は、皆さん評論家となりますが反省はしません。
何故ならば、他人事であるから・・・でも学ぶことで、明日から貴方は事件・事故のストッパーとなります。

会場
ご自宅等
定員
100名
受講料
全6回/3,000円
戻る